サルの分類

↑

2004年は甲申の年です。ということでサルの話を少ししましょう。

サルは動物の中で人間に最も近い存在です。分類学的には霊長目に属します が、霊長目は真猿亜目(anthropoid)と原猿亜目(prosimian)に大別され、更に 真猿亜目は広鼻類と狭鼻類に細分されます。類人猿は狭鼻類に所属しています。

サルは古来より世間では「しっぽの長いサル」と「しっぽの短いサル」に 分類されてきました。英語では、しっぽの長いサルをmonkey, 短いサルをape と呼び分けます。漢字でも、しっぽの長いサルを猿と書き、短いサルを猴と 書きます。合わせて「猿猴(えんこう)」と呼ぶわけです。ヒトも猴(ape)の 一種ですので昔「Naked Ape(裸のサル)」という本がとても話題になったこと があります。純粋に動物学的な立場からヒトという生物を記述した本で当時 中学生などが性の参考書として読んでいたとか。。。。

以下サルの詳しい分類を見てみましょう。(分類方法には異説も多くあります)

■原猿亜目(prosimian)  A.キツネザル類 (lemur)   (1)キツネザル科  マダガスカル島の固有のサル。
  (2)インドリ科   やはりマダガスカルにいる。同島の猿の中で最大のもの。
  (3)アイアイ科   これもマダガスカル。指が長いのでユビザルとも。
 B.ロリス類 (loris)   (1)ロリス科    インドやジャワのスローロリス,スリランカの本ロリスなど   (2)ガラゴ科    セネガルにいる小ガラゴなど  C.メガネザル類 (tarsier) インドネシアやフィリピンにいる

■真猿亜目(anthropoid)  A.広鼻類 (platyrrhine)   (1)マーモセット科 (Marmoset) 南米にいる小さなサル。キヌザル、新世界サルとも   (2)オマキザル科 (Capuchin Monkey) 尾の先端をくるっと巻くサル。中南米にいる  B.狭鼻類 (catarrhine)   (1)オナガザル科 (Guenon)    a.ニホンザル亜科  日本猿,蟹食猿,赤毛猿,マンドリルなど    b.オナガザル亜科  サバナモンキー,コロブスなど   (2)類人猿(ape)    a.テナガザル科 (Gibbon) インド,インドシナ,ジャワなどに分布する    b.オランウータン科 (Orangutan) ボルネオやスマトラにいる    c.ヒト科     c-1.パン属    ゴリラやチンパンジー,ボノボなど     c-2.ホモ属    ヒト

西遊記の孫悟空のモデルとされる金絲猴(きんしこう)やハヌマーン・ラングール はいづれもオナガザル科に属しています。おそらくは赤毛猿の近類種になるの ではないかと思います。


(2004-01-01)


↑ Dropped down from daily DANCE.
(C)copyright ffortune.net 1995-2016 produced by ffortune and Lumi.
お問い合わせはこちらから