ハーメルンの笛吹男

↑

ハーメルンの笛吹男(Pied Piper)はハーメルンの町でネズミを退治した男である。

最初、ネズミを退治してくれという町の人の要望に応えて、笛で町中のネズミをおびき出し、川で溺死させた。ところが町の人たちが報酬を出しぶったため、怒った男は今度は笛で町中の子供たちを誘い出し、そのままどこかへ行ってしまったという。

足の悪い子と耳の聞こえない子の2人だけが助かった。これは1284年6月26日のことと記録されている。この事件について、どう解釈したらいいのか様々な説があるが決定打は無い。

不気味な事件だが、これをモチーフにした山岸凉子の作品「パイドパイパー」も不気味である。子供の頃、妹を誘拐され殺された主人公が似た手口で今度は自分の子供を誘拐される。妹を殺した犯人は捕まって服役しているはずなのに・・・。とても怖い作品です。

「パイドパイパー」というとFSS(ファイブスター物語)のファンには、パイパー将軍率いるエリート傭兵騎士団を連想する人も多いであろう。イアン・ケーニヒ、ビット・マエッセン、またビルトなどはファンが多い。


=====広告=====
↑
(C)copyright ffortune.net 1995-2016 produced by ffortune and Lumi.
お問い合わせはこちらから