←↑→ 仮想旅2000(22) 近江・美濃

さて、小浜の市街地から往復4km弱、神明神社まで往復してきてから11:20の
小浜線に乗り、12:26敦賀着。13:15の湖西線の近江今津行きに乗り近江塩津
で北陸本線長浜行きに乗り13:59終点で下車。14:50竹生島行き最終の船に
乗ります。

琵琶湖の北岸に浮かぶこの小さな島は島全体が神域です。広島の宮島(厳島)、
神奈川の江ノ島と並ぶ日本三大弁天のひとつ。

御祭神はもちろん市杵島姫命(いちきしまひめのみこと,宗像三女神の長女)
で、併せて宇迦之御魂神(うかのみたまのかみ,お稲荷さん),浅井姫命を
お祭りします。

浅井というのはこの琵琶湖北岸付近の地名で浅井郡・浅井庄があり、淀君も
浅井長政の娘です。現在も浅井町・西浅井町が残っています。浅井姫という
のはこの浅井にあった丘の女神で、ある時伊吹山の神と背比べをしました。

すると突然浅井姫の背丈がググっと伸び、それを見た伊吹の神は「ずるいぞ」
と言って、女神の頭を切り落としてしまいました。それが湖に落ちて出来た
のがこの竹生島であるとのことです。(近江国風土記)

ということで、ここの本来の御祭神は浅井姫の方なのですが、天智天皇が大津
に都を作ったとき、ここに市杵島姫命を勧請して都の守護神としたともいい
ます。しかし実際には弁天信仰は平安時代から始まっているようです。それに
すぐに滅亡した大津宮の守護神だったらその後信仰が続くとは思えませんし、
大津と竹生島はやや離れすぎの感もあります。おそらくは水辺にいる女神様だ
から弁天様なのだろうという庶民の素朴な信仰が反映されたものなのでしょう。

もし都の守護神としてお祭りしたのであれば、もしかしたら天智天皇も絡んで
いるかも知れませんが、むしろ皇統が天智天皇系に戻った光仁天皇以降、恐ら
くはこういう方面に詳しい桓武天皇か嵯峨天皇の御代に平安京の鬼門守護とし
ての祭祀ということになるのではないかと思います。

まぁ、そういう屁理屈は置いておいて、やはりここはいい場所です。いい場所
というのは弁天様らしいということ。同じ弁天でも江ノ島の雰囲気よりは宮島
の雰囲気に近いかも知れません。

さて島で1時間滞在して帰りの船が出ます。16:45に長浜に帰着。17:13の北陸
本線上りに乗り17:22米原着。今日はここで泊まりです。

翌10月1日(日)。晴れ。

米原から東海道本線の電車で25分。垂井に至ります。駅から歩いて1.6km。
南宮大社です。御祭神は金山彦命(かなやまひこのみこと)。式内社。名神大
社。美濃国一宮です。かつては式年遷宮まで行われていた大きな神社でした
が、戦国時代に荒らされ、関ヶ原の戦いで炎上してしまいました。現在の
社殿は徳川家光により造営されたものです。

金山彦命は伊邪那美命が迦具土神をお産みになった時に火傷して苦しんでい
る時に生じた神で、火に関連して鉱山・金属・鋳物などの神とされています。
基本的には金山彦命と妃神の金山姫命、そしてその子の金屋子命であわせて
金山大明神とします。宮城県金華山の黄金山神社や上野市の敢国神社などを
はじめ全国の金山神社にお祭りされていますが、ここ南宮大社がその中心地
になります。

この南宮大社のある地域は古代には多くの銅鐸が作られ、中世には刀鍛冶の
町として知られていました。「関の刀鍛冶」という名は多くの人が知ってい
るでしょう。南宮大社11月8日のふいご祭りでは古式ゆかしく刀匠による刀
の鍛錬の様子が披露されます。

とても広い境内を通ってお参りしてから南へ向かう道を取ります。ここは広大
な濃尾平野の西端。目の前に迫る養老山系の麓を回り込むように南へ。やがて
牧田川を越え、養老の滝の下方にある養老公園のところへ至ります。行程11km。
約2時間です。

まず養老神社にお参りします。ここがそもそもの「養老」の発祥の地。ここに
湧いている菊水の霊泉が続日本紀に書かれている美泉で、元正天皇が手や顔を
洗うとすべすべになったといわれる泉です。ここへの行幸を契機に元号が養老
と改められました。

そして養老の滝はここから更に500mほど上ったところです。落差32m,幅4m。な
かなかのものです。ここに例の養老の滝伝説が結びついたわけです。養老公園
の「天命反転地」で一息入れてから今度は東への道を取ります。時計は13時を
回ったところ。

船附南交差点からいったん北へ進み牧田川を越える養老大橋を渡っていったん
大垣市に戻り、すぐに福束大橋で揖斐川を渡り輪之内町へ。ここは長良川と
揖斐川にはさまれた地帯。秀吉が一夜で城を築いた墨俣のやや下流です。

輪之内町をまっすぐ横断して長良川にかかる大藪大橋を渡って羽島市へ。ここ
で左に曲がって北行し羽島市中心部に出てからまた西へ。今度は木曽川にかか
る濃尾大橋を超えて尾西市へ。そして更に西へ県道18号線を進み一宮市に至り
ます。今日はここで泊まり。養老からの行程28km。




(C)copyright ffortune.net 1995-2013 produced by ffortune and Lumi.
お問い合わせはこちらから