←↑→ 仮想旅2000(18) 佐渡・越中

翌9月22日(金)。曇り。

両津からバスに乗って島の南端・羽茂町にある度津神社(わたつじんじゃ)
にお参りします。

羽茂町バス停を降りてから徒歩10分。ここは佐渡一宮・式内社です。御祭
神は五十猛命(いたけるのみこと)で、命が父・素戔嗚尊(すさのおのみこと)
とともに新羅から海を渡って日本に渡来した(日本書紀一書四)ということ
から、航海の神としてお祭りされています。五十猛命は大国主命が若かった
頃兄たちからいじめられていたのを逃がしてあげた神様でもあります。

また日本書紀一書五では素戔嗚尊がヒゲを抜いて放つと杉になり、胸毛を抜
いて放つと桧になり、尻毛を抜いて放つと槙になり、眉毛を抜いて放つと樟
になったといいます。そして素戔嗚尊が五十猛命と2人の妹にこの木の種子
を日本中に蒔いて緑豊かな国にしなさいと命じた、とあることから五十猛命
は植林の神様としても崇敬されており、全国の木材業者の守護神にもなって
います。

さて、この神社の地は実は本来八幡神社で、元々の度津神社は妹背山にお祀
りされていました。ところが文禄2年(1593)の水害で社殿が流出してしまった
ので、この地に一緒に祀られることになりました。正和2年に八幡神社境内に
独立した社殿が造営された.....と資料にはあるのですが、正和2年では1313
年で話が矛盾しますので、正保2年(1645)かも知れません。

この神社には大変貴重な妹背神楽という古式ゆかしい神楽が伝わっていたそ
うなのですが、残念ながら現在は中断しているとのことです。誰か少しでも
記憶している人のいる内に復活してもらえないものかと願うばかりです。

お参りしてから徒歩で小木港へ抜けます。行程は約6km。いい散歩コースで
す。11時頃に到着しました。昨年の旅では直江津から佐渡に入り新潟に抜け
たのですが、今回はちょうど逆コース。11:50のジェットフォイルに間に合
うのですが、これは今回急行・特急の類は使わないという趣旨に微妙にひっ
かかりますから、13:00のフェリーを待ちます。直江津15:30着。

ちなみにジェットフォイルは所要時間1時間料金5960円。フェリーなら所要
時間2時間半料金2060円。やはり貧乏人はフェリーか。

直江津のフェリーターミナルから保倉川・関川を渡って直江津駅へ。行程は
2km。直江津を16:36の富山行きに乗り到着は18:40。すぐの連絡の武生行き
に乗り継ぎ19:01高岡着。今日はここで泊まります。

翌9月23日(土)。雨。

朝から雨の中市内の古城公園を訪れ、射水神社(いみずじんじゃ)にお参り
します。

御祭神は二上神(ふたがみのかみ)。二上山をご神体とする神社で式内社。
伊弥頭国造(いずみのくにのみやつこ)の祖神とされています。名神大社。
越中国総鎮守です。養老年間には行基菩薩が養老寺を建てて別当とし二上
権現と称しました。その後戦乱で社殿を焼失しましたが江戸時代に再建、
明治8年に現在地に遷座しています。

雨が降っていても神社の境内はすがすがしいものです。さて、この雨の中、
二上山の東側へ回り込むことにします。公園の西側に出て大通りを北東に進
みます。小矢部川を城光寺橋で渡り、そのまま山登りコース。

約7km。1時間半掛けて付いたのは気多神社(けたじんじゃ)。これも式内社
です。御祭神は大己貴命(おおなむぢのみこと)と奴奈加波姫命(ぬなかは
ひめのみこと)。大己貴命は大国主命・だいこく様のことです。奴奈加波姫
命というのは諏訪神社の建御名方神のお母さんの沼河姫と同神でしょうか?
だとすれば奥様と一緒に祀られていることになりますが。。この件は調査中。

養老年間あるいは天平宝字年間に創建されたと伝えられます。社殿は国の重
要文化財に指定されており、鎌倉時代に造られた狛犬が戦国時代を生き延び
て今も残っています。

お参りしてからJR伏木駅まで降りていきます。そもそもこの地は伏木一宮と
いう地。実は越中国の一宮については、さきほど行った射水神社、この気多
神社、そしてこれから行く高瀬神社の3つが名乗りを上げています。

10:13の高岡行きにのり10:25着。城端(じょうばな)線11:00の快速に乗り継ぎ
11:30に福野下車。ここから約3kmの道のりをあるいた所に高瀬神社はあります。

御祭神は大己貴命。天活玉命・五十猛命を併せてお祭りします。続日本紀に
高瀬神として記述され、延喜式では砺波郡7座の筆頭。(射水神社は射水郡
の筆頭)6月の祈年穀祭は天武朝以来続いている古い神事とされています。

現社殿は昭和になってから造営された物で、天保年間に加賀前田氏により造
営された美しい旧社殿は現在は功霊殿とされています。

お参りしてから一休み。北の方は古い神社が少なかったこともあり駆け足で
抜けてきましたが、この付近、西日本の方は多くなりますので歩く距離もど
んどん長くなって来そうです。さて今日は金沢まで足を伸ばします。

福野駅まで戻り13:03の高岡行きに乗って13:36着。北陸線13:48の福井行きに
乗り継いで14:27金沢着。今日はもう神社には回らず、市内で装備の補充を
して、ゆっくりと休みます。




(C)copyright ffortune.net 1995-2013 produced by ffortune and Lumi.
お問い合わせはこちらから