←↑→ 仮想旅2000(16) 道の途中

翌9月17日(日)。天気が強烈に悪いので今日の行程は断念。1日休むことに
します。昨日無理しなくてよかったかも知れません。

折角の休みなのでひたすら寝ますがさすがに午後には目が覚めます。そこで
雷雨の中近くの茂林寺へ往復してきました。ぶんぶく茶釜のお寺です。山門
をくぐった所に左右にズラっと並ぶ狸の列は壮観。いや雨の中ちょっと楽し
い気分になります。

翌9月18日(月)。雨はまだ降っていますが、昨日に比べたら随分マシです。
出発します。1日休んで足のメンテもしっかりしたので元気いっぱいです。

市役所前の道を北上、渡良瀬大橋で渡良瀬川を越えます。佐野市に入って
田島のところで右折。国道50号線の新道を東行します。岩舟町の静の所から
北上。お昼過ぎに栃木市に入りました。

ここで一休みしたあと更に北上。この栃木から先の道は例幣使街道のルート
になります。昔京都の朝廷から日光東照宮へのお使いが通った道です。例幣
使街道は中山道を高崎市で分かれ東行して栃木に至り、楡木・今市まで達し
ています。とにかく今日は楡木Stop。

翌9月19日(火)。雨は上がっています。例幣使街道を更に進みます。鹿沼を
通って今市へ。鹿沼は鹿沼土で有名。この先の大谷は大谷石、とどうもこの
付近は地面を掘ったら商品になるというすごい宝の里であったようです。
(あまりにも掘りすぎて、大谷の陥没は現在すさまじいようですが....)

今市からは日光街道。やがて道は西行し、宇都宮方面からの車も目立ち始め
ました。15時頃に日光到着。ここで一泊して、東照宮は明日です。





(C)copyright ffortune.net 1995-2013 produced by ffortune and Lumi.
お問い合わせはこちらから