←↑→ 仮想旅2000(10) 下総→上総→安房→相模

翌9月9日(金)。今日は晴れです。

朝から外房線にのり、千葉751→839上総一ノ宮。

神社は駅から歩いて5分の所にあります。その名の通り上総国の一宮ですが、
正式には玉前神社(たまさきじんじゃ)。御祭神は玉依姫命と申し上げます。

実際のご神体は伝説によれば、昔この海岸で翁が見つけた光明を放つ日月の
珠であるといわれています。珠に宿る神様ということで玉依姫なのだと思い
ますが、しばしば神武天皇のお母様の名前と同じなのでそちらと同一視され
そこから安産の守り神という信仰もあるようです。9月13日の大祭は「裸祭り」
の名前で有名です。

その準備が行われているのでしょうか。少し慌ただしい雰囲気。お参りして
駅に戻ります。

  上総一ノ宮9:23→10:34安房鴨川10:43→11:35館山

ここから安房白浜行きのバスに乗り、安房神社前で降ります。バス停から
歩いてすぐ。ここ安房神社は天太玉命をお祭りする神社です。ということは
この神社を建てたのはむろん忌部氏。元々忌部氏が開拓した土地なので、忌
部の故郷の阿波(あわ)から採って「安房(あわ)」というわけです。

しかし途中安房鴨川などという所を通りました。その名の通り、この地には
賀茂一族も入っています。そこでこの地には賀茂系の神社である三島神社も
あるのですが.....今回はパス。安房神社だけをピンポイントで行ってきます。

さてこの神社の創建ですが、古すぎて分かりません。伝説では神武天皇が
九州より大和の地に出てきた時に、天富命が天皇より東部開拓の命を受け、
一族を引き連れてこの地までやってきて天太玉命をお祭りする神社を建てた
といわれています。まぁ要するに遙か昔に忌部氏がここにやってきた時に建
てたということで、多分最低1600年くらいはたっているのでしょう。

お参りします。

安房神社を出てからまたバスで館山に戻ります。そこからまたJRに乗り1501
の内房線で1532浜金谷着。ここで三浦半島方面のフェリーに乗ります。

金谷1620→1655久里浜。そして久里浜からJRで鎌倉に出て、今日はここで
泊まります。




(C)copyright ffortune.net 1995-2013 produced by ffortune and Lumi.
お問い合わせはこちらから