←↑→ 仮想旅2000(3) 青森/八戸→十和田

さて青森ですが、前回の神社の旅でもお寺の旅でも津軽地方を訪れているの
で、今回は南部地方を訪れることにしました。

9月2日(土)早朝ホテルをチェックアウトした私は、まだ雨が降る中約1kmほど
離れた長者山まで行ってきました。

「山」とは言っても小高い丘という感じ。私が子供の頃、この麓付近の親戚
の家に何日か泊まっていて、毎朝この長者山の上でおこなわれていたラジオ
体操に出てハンコをもらってきていました。

この長者山の上にあるのは新羅神社・八坂神社・桜山神社の3社です。新羅
といっても別に朝鮮とは無関係。ここは南部藩のご先祖である、新羅三郎・
源義光(八幡太郎・源義家の弟)を祀る神社です。八坂神社はもちろん牛頭
天王。ほかここには稲荷神・天照大神・八幡神・金比羅様・高おかみ神・地
主権現などが祀られています。実際問題として、この長者山全体がひとつの
聖域です。

静かな気持ちでお参りをしてから、山を降り、再び本八戸駅方面に向かいま
した。徒歩距離約3km。

少しこのあと電車で移動します。7:11の普通列車で八戸駅に出て東北本線に
乗り換え、8:06に三沢に着きます。ここで十和田観光電鉄に乗り換え8:41に
十和田市に降り立ちました。今日はここから歩きです。

目的地は十和田湖。行程は40km弱。十和田市内のコンビニでおにぎりとお茶
を買って出発です。雨は少しこぶりになっています。

八戸市内から歩き始めてもいいのですが、山道になるので朝から歩き始めて
夜までに到着できる自信がありません。そこで途中まで電車を利用した訳で
す。途中野宿覚悟であれば、十和田の方に回らず、八戸からまっすぐ五戸や
新郷村を通って戸来(へらい)山方面から十和田湖に出るルートの方が距離
的には近いです。しかし勾配はかなりきつくなりそうなので、十和田市から
奥入瀬(おいらせ)を歩く道を選びました。本当は新郷村はキリストの墓が
ありますし、戸来山などは「ヘブライ」がなまったものなどという説もある
くらいで、面白いのですが。

十和田市から国道102号線を約10km。1時間40分ほど掛けて歩いて十和田湖町
の中心部へ。歩いている内に雨もあがって来ました。役場の前で一休みして
お茶を少し飲みます。足を少しもんでからまた歩き始めます。やがて完全に
雨が止むとこちらの、歩くペースも上がります。約14kmの行程で焼山到着。
時刻は13時。上々のタイミングです。

ここからは、ぼちぼちと歩く人を見るようになりました。さすがに紅葉には
まだ少し早いですが、緑が美しい。川の音も気持ちいいですし、ここまでの
疲れが飛んでしまうような感じ。ちょっと靴を脱いで川の中に入ってみます
とものすごく気持ちいい。

 住まば日の本、遊ばば十和田、歩きゃ奥入瀬、三里半 /大町桂月

その歌の通り、焼山から子の口(ねのくち)までの距離は3里半、約14kmあ
ります。滝など見ながら少しゆっくりしたペースで歩きました。

千筋の滝・雲井の滝・白布の滝・岩菅の滝・玉簾の滝・白絹の滝・白糸の滝・
双白髪の滝・不老の滝・姉妹の滝・九段の滝・・・

ほんとに美しい名前が付いています。私の心の中も透明になっていく感じで
す。やがて銚子大滝。和井内貞行がヒメマスが遡上できるよう迂回路を作っ
たところです。いよいよ奥入瀬も終わり近くかと思うとちょっと寂しい。子
の口に付いたりは16時ちょっと前でした。16:30の十和田湖周遊船の最終便
にきれいに間に合いました。予定通り。

この周遊船も今まで何度も乗っていますが、何度来ても十和田湖の美しさは
変わらないという感じです。何度も聞いたような観光ガイドを耳にしながら
少しうとうとしかかった頃、休屋(やすみや)に着きました。今日はここで
泊まりです。




(C)copyright ffortune.net 1995-2013 produced by ffortune and Lumi.
お問い合わせはこちらから