↑ ← → 仮想旅(17)神奈川:鶴岡八幡宮
written by Lumiere on 96/12/11 11:06
今日12/07の3つ目の目的地は鶴岡八幡宮です。塩山を10:44のあずさ56号に乗
り、これを八王子でおります。11:33。そして11:41発の横浜線に乗り換え、横
浜到着が12:39。12:52の横須賀線に乗って鎌倉到着が13:17。歩いて行っても
いいのですが、きついので(^^;バスに乗ります。駅の前からすぐ参道なので、
バスはその参道を通っていきます。たくさん歩いている人がいるので何だか悪
いような気がしてきます(^_^;

バスを降りて境内に入り、ここからまたかなり歩きます。橋をわたり歩いてい
って、静御前が源頼朝の前で舞を踊った舞殿の向こうには石段が。その石段の
途中右手には公暁が源実朝を殺すために隠れていた大銀杏の木が。和服のお嬢
さんたちの集団とすれ違う。石段を登りきったところが本殿。参拝。

ここは八幡宮の名の通り、御祭神は応神天皇とその奥様、及び母上の神宮皇后
の三柱の神です。以前は材木座の海岸付近にあったものを頼朝が移して源氏の
守り神としたものとのこと。境内の白旗神社に頼朝・実朝の親子が祭られてい
ます。むろん白旗は源氏の旗ですね(^_^) なお現在の社殿は徳川家斉の造営で
す。徳川も源氏の末裔ですし。

ここは9月の大祭が有名で16日に行われる流鏑馬は必ずといっていいほど、
TVで全国中継されます。

さてもと来た道を帰ります。境内の歩く距離が長い。やはりバスで神社の前ま
で来て正解だったかも知れません。またバスで鎌倉駅に戻ります。



← →

(C)copyright ffortune.net 1995-2013 produced by ffortune and Lumi.
お問い合わせはこちらから