仮想旅(12)群馬:一之宮貫前神社

←↑→
written by Lumiere on 96/12/11 04:36 今日もぐっすり寝たのでさわやかな目覚め。ベッドを出て熱いシャワーを体に 浴びせる。そして体が十分温まったら今度は冷水のシャワー。冷たい!でも気 持ちいい! 心臓の弱い人には絶対にお勧めできない、裸で寝た後の処方(^^;

時計は7:30。着替えてチェックアウトし、コンビニで朝御飯を買って上信電鉄 に乗り込む。着いたのは上州一ノ宮駅。時刻は8:40すぎ。目指すは一之宮貫前 神社。上野国の一の宮です。わーい上り坂だ(^^)

足の筋肉のこりは今日辺りがピークだろうか。底の厚い靴に守られて足の裏は それほどでもないので、脳は足を動かしていく。大きな鳥居をくぐると、今度 は下り坂(^^;

この神社は日光東照宮を建てた大工さんが作ったものとのこと。期せずして同 じ人の作品を昨日・今日と連続で見ることになる。ここの本殿などは外から見 ると一階建てなのに中は二階建てになっているという変わった作りで重要文化 財になっているとのこと。楼門はそれほどでもありませんでしたが、拝殿は.. ...! やはり派手でした(^_^;

この神社でもう一つ変わっているのは御祭神です。一応今は経津主神(ふつぬ しのかみ)と姫大神ということになっていますが、もともとは抜鉾神(ぬきほ このかみ)という男女神だったそうです。これも他ではあまり聞かない名前で すが、この地方の氏神様だったのでしょうか。伝説によるとその姫神の方はイ ンドのアショカ王(BC273-233)の王女であったのが日本へお嫁に来たのだとい うことです。

お参りを済ませて次へと進みます。


←↑→



(C)copyright ffortune.net 1995-2016 produced by ffortune and Lumi.
お問い合わせはこちらから