美保神社 島根県美保関町
事代主神・美穂津姫

国譲りの後で、事代主神 がお引き籠もりになられた場所です。

美保神社は現在では事代主命(ことしろぬしのみこと,えびす様)と三穂津姫命をお祭りする神社ということになっていて、どちらかというと事代主命の方がメインと見られがちです。実際、地元では出雲大社の大国主神(だいこく様)と併せて「えびす・だいこく」という形の信仰もあったようです。

しかし、この神社の主祭神は、やはり神社の名前からしても三穂津姫命でしょう。実際この神社では左殿(一の御前)が三穂津姫命、右殿(二の御前)が事代主命になっています。

美穂津姫は大物主神の奥様で、大物主神とは大国主神つまり事代主神のお父さんです。つまり事代主神は義母の場所に居留しているという関係になってしまいます。このため誤解して、美穂津姫を事代主の奥様と思いこんでいる人もあります。

この問題の謎を解く鍵は、美保湾の入口の所にある摂社・客人神社にあります。現在そちらの御祭神は大穴持神(=大国主神,だいこく様)とされているのですが.....もしかしたら、こちらが本来の美保神社の右殿の主で、客人神社に事代主命がおられると考えた方がいいのかも知れません。そもそも「客人」と「えびす」というのはある意味で同義です。



(C)copyright ffortune.net 1995-2013 produced by ffortune and Lumi.
お問い合わせはこちらから