熊野神社 解説参照
解説参照

熊野神社は和歌山県の熊野三山が有名ですが、一方出雲一宮の熊野大社(島根県八雲村)もあり、出雲の熊野大社から和歌山に勧請されたという説と、和歌山の熊野は出雲の熊野とは独立であるという説があります。

出雲の熊野大社の御祭神は神祖熊野大神櫛御気野命(かむろぎくまぬのおおかみくしみけぬのみこと)で、熊野大神のことではないかと考えられますが、素戔嗚神(すさのおのかみ)ではないかともされ、一般にはこちらの説が通っています。

一般には紀州の熊野大社(熊野三山)が有名です。紀州の熊野大社は次の3つの神社から成っています。

熊野本宮大社和歌山県本宮町家津美御子大神(けつみのみこのおおかみ)
熊野速玉大社和歌山県新宮市熊野速玉大神(くまのはやたまのおおかみ)
熊野那智大社和歌山県那智勝浦町熊野夫須美大神(くまのふすみのおおかみ)

この神はそれぞれ一般に次のように解釈・習合されています。

熊野本宮大社素戔嗚尊阿弥陀如来
熊野速玉大社伊邪那岐命薬師如来
熊野那智大社伊邪那美命千手観音

「新宮」という名前に気を取られて、新宮が御子の素戔嗚神に相当すると思いこみがちなのですが、この「新宮」というのは、元々は神倉山の山頂にあったのを、麓に新しい宮を作って移したという意味であり、熊野三山の中で新しい宮という意味ではありません。

一般に「本宮」と呼ばれる熊野本宮大社はこの熊野三山の中でも中核で、初めて国を治めた天皇と日本書紀が記す崇神天皇の御代に創建されたと伝えられます。一説によると、この時出雲の熊野大社から素戔嗚神が勧請されたともいわれますが、出雲熊野大社とは別系統であるという説もあります。

また一般に「新宮」で通る熊野速玉大社は、ヤマトタケル命の父にあたる景行天皇の御代に創建されたと伝えられます。一説によるとこの時、出雲の速玉神社の神を勧請したともされます。

熊野速玉神社が元あった神倉山には天磐盾(あめのいわたて)と呼ばれる巨大な磐座(いわくら)があり、それを御神体とする神倉神社が建っています。ここがそもそもの熊野三山の発祥の地なのかも知れません。

中世の熊野権現の説話では、熊野権現は最初九州の英彦山(ひこさん)に降下なさり、それから四国の石槌山(いしづちやま)に移られて、そのあと淡路の遊鶴羽岳(ゆづりはだけ)、紀州無漏郡の切部山(きりめやま)と経て、この神倉山に移られたとされます。

熊野三山の中で異色は熊野那智大社で、これは有名な那智の滝を事実上の御神体とする神社です。那智滝はその形状からして、女性の象徴ですので、この神は古くより伊邪那美神(いざなみのかみ)と考えられて来ました。

熊野に至る道には王子と呼ばれる神社が多数ありますが、これは熊野にお詣りする道に道標のように建てられた神社で、王子は素戔嗚神の御子たちであると一般にいわれます。

紀州熊野は神武天皇が大和平定のために上陸した土地であり、ここ熊野から大和までを案内したのが賀茂神の化身とされる八咫烏(やたがらす)です。このため、熊野系・王子系の神社では、烏を熊野の神のお使いとみなしています。

熊野神社はここ紀州から主として黒潮にのって太平洋岸各地に広まりました。最も南では沖縄にも熊野神をお祭りする波上宮(那覇市)があります。



(C)copyright ffortune.net 1995-2013 produced by ffortune and Lumi.
お問い合わせはこちらから