神田神社 東京都千代田区
大己貴命少彦名命・平将門命

一般に「神田明神」の名前で知られており、銭形平次はこの神田明神のそば、明神下に住んでいたということになっています。現在神田神社の中に銭形平次の碑も立っています。

一般には平将門公をお祭りする神社として有名ですが、それはあとから合祀されたもので、元々はえびす・だいこくをお祭りする神社です。ここではえびす様は少彦名命(すくなひこなのみこと)、だいこく様は大己貴命(おおなむちのことこ,=大国主命−おおくにぬしのみこと−)になっています。

神田(かんだ)とは伊勢神宮の神田(みとしろ)のことで、この神社が最初あった場所(現在の東京駅近くの首塚の近く)に、伊勢神宮の神田がありました。その後、平将門公の首を祭った首塚が荒廃していたため、それを合祀し、後に徳川家康が江戸に入った時、この神社を江戸の守り神とし、現在地に移転したものです。

江戸三大祭りの神田祭で知られています。(東京三大祭りに数えられる、浅草神社の三社祭と時々混同している人がいるが、あちらは新興勢力。神田祭は400年の伝統を持つ古い祭である)



(C)copyright ffortune.net 1995-2013 produced by ffortune and Lumi.
お問い合わせはこちらから