葛城鴨神社 解説参照
解説参照

葛城の賀茂神社は高鴨神社・中鴨神社・下鴨神社の3社からなりますが、実際にはこれに長柄神社を加えた4つの神社が平行四辺形状に並んでいます。

【下鴨神社】

正式には、鴨都波神社といいます。御祭神は積羽八重事代主神下照比売命

本殿の右手に下記のような摂社があります。

 天神社   菅原道真公
 猿田彦神社 猿田毘子大神
 火産霊神社 竈三柱大神・金山彦命

それから裏側(東側なので本来はそちらが正門かも)の鳥居の近くに

 祓戸神社  氣吹度主神・速佐須良比売神・瀬織津比売神・速開津比売神

また境内には他に

 八坂神社  素戔嗚命
 笹神社   市杵島比売命
 神農社   少名毘古那神
 稲荷神社  宇賀之魂大神

といったものがあります。

ここは事代主神の最初の誕生の地です。神社の由緒書きには下記のように書かれています。

本神の御祭神は、古く鴨都波八重事代主神と申し奉り、それは鴨の水辺で折目ごとに祀られる田の神という御神名で、弥生時代の中期初頭、この葛城川の岸辺に鎮め祀ったのに始まる本社は高鴨社に対して下鴨社ともいい、鴨族の発祥地として、この地方を治め、全国に分布する鴨社(加茂)の源である。

御祭神は宮中八神の一つとして尊宗され、神功皇后の朝鮮遠征や天武天皇の壬申の乱に御神託を授け給いし神徳高き神にて、延喜の制では名神大社に列した古社である。

事代主神はここから出発して、木津川・淀川水系、出雲、三島へと展開していかれたのです。

なお、ここの神社の御祭神について、事代主と一緒に下照姫が祀られているというのは不自然です。同母妹の高照姫なら分かるのですが。下照姫を高姫ともいうので、どこかで混乱が生じた可能性もあります。またこの神社の名前が鴨都波なのですが、これは元々は鴨弥都波だったのではないか、つまり最初は鴨の神(事代主神)と水の神(弥都波女神)がお祭りされていたのではないかとの説もありますが、事代主神と弥都波女神の関連は薄いのでやや根拠が弱いかも知れません。もしお祭りされたとしても後世併せられたものでしょう。


【中鴨神社】

正式には葛木坐御歳神社(かつらぎにましますみとせじんじゃ)といいます。

御祭神は御歳神で、相殿に大年神高照姫命が祀られています。

あるいはここが高照姫の本拠地なのかも知れません。

境内に下記のような摂社がありました。

 味鋤高彦根命神社 あじすきたかひこねのみこと
 高皇産霊命神社  たかむすびのみこと
 神皇産霊命神社  かみむすびのみこと
 天照皇大神神社  あまてらすおおみかみ
 事代主命神社   ことしろぬしのみこと
 天稚彦命神社   あめのわかひこのみこと
 稚日女命神社   わかひるめのみこと
 一言主命神社   ひとことぬしのみこと

 この他、あとひとつ神名不明の鳥居のある神社がありました。


【高鴨神社】

御祭神は味耜高彦根命(あじすきたかひこねのみこと)・下照姫命(したてるひめ)・天稚彦命(あめのわかひこのみこと)の三柱。

味耜高彦根神の本拠地でしょう。下照姫はその妹。天稚彦はその夫。ということで一緒に祀られているものと思われます。

境内の摂社は下記の通り。

 市杵島姫命神社 市杵島姫命(いちきしまひめのみこと =弁天様)
 東神社     天児屋根命(あめのこやねのみこと)・天照大御神
         (あまてらすおおみかみ)・住吉三柱大神
 佐味護国神社
 大山咋神社   大物主命(おおものぬしのみこと)
 春日神社    建御雷命(たけみかずちのみこと)
 雷神社     高龗大神(たかおかみのおおかみ)
 細井神社    水都波能売命(みずはのめのみこと)

 西佐味神社   高御産巣日神(たかみむすびのかみ)・高天彦神(たか
         まごひこのかみ)・高龗大神(たかおかみのおおかみ)・
         闇龗大神(くらおかみのおおかみ)・十二将軍大神
※ 龗 (雨/龍)=

境内はかなり広いです。境内の広さでは下鴨神社とこの高鴨神社が双璧になるかと思います。

つまり下鴨神社に弟の事代主神がおられ、高鴨神社に兄の味鋤高彦根神がおられる。そしてこの両社が全国賀茂神社の原点なのだろうと思います。

すると、事代主の妹の高照姫は中鴨神社、味鋤高彦根神の妹の下照姫は長柄神社ということで、きれいに平行四辺形が形成されています。みごとな配置です。この4つの神社は最初から計画してこの地に配置されたのであろうと想像されます。


【長柄神社】

これは大きな神社です。近くの民家に「長柄神社掃除当番」という札がさがっていました。みんなで交替でお世話をしているのでしょう。境内もよく整備されている感じでした。

御祭神は下照姫命で、別名・姫の宮とのこと。長柄は長江(葛城山の尾根)から来たのではないか。ナガラは急斜面の扇状地をさした古語であろう、と書かれていました。

ここが下照姫の本拠地なのかも知れません。


Powered by 文字鏡

(C)copyright ffortune.net 1995-2013 produced by ffortune and Lumi.
お問い合わせはこちらから