稲荷神社 京都の伏見稲荷
宇迦之御魂神 茨城県の笠間稲荷
佐賀県の祐徳稲荷

全国に32000社あり、日本の神社の中で最大の勢力を持つのが稲荷神社で、その総本社は京都の伏見稲荷です。この稲荷の由来について、山城国風土記に次のような記述があります。

秦中家忌寸らの祖先である伊呂具は稲梁を積み上げるほど裕福だったが富におごり、餅を的として矢を射たところ、餅は白い鳥に化して飛び去り、山の峰に止まった。そこに稲が実ったので、ここの神社を「いなり」と呼ぶのである。その子孫の代になると前の伊呂具の非を悔い、その社の木を家に持ち帰り神を祭った。今でもその木を植えて根付けば福があり、枯れると福がないと言われている。
この物語について伴信友らは元々の形としては、餅を的にするようなことをしたために穀霊が逃げてしまい土地が荒れ家も衰えたのを、子孫が悔いてきちんとお祭りしたため元どおり豊かになったという話だったのではないか、と考察しています。これからすると稲荷はやはり「稲生り」あるいは「稲成り」だったようです。現在でも全国でほんの何社かだけ「稲生」とか「稲成」と書くいなり神社があります。

この神社の具体的な始まりの時期について鎌倉時代の「年中行事秘抄」や室町時代の「二十二社註式」では和銅年間に伊奈利山の三つの峰に神が示現したのでこれを祭ったとされています。

もともとこの三つの峰には同じ神が祭られていたのではないかと考察されているようですが、文徳実録に天安元年(857)に「稲荷神三前に正四位下を授ける」という記事があり、これが神の数が3柱になっている最初のようです。また、この3柱の神が一体何かということについては諸説あったようですが現在は

  下社(中央座) 宇迦之御魂大神
  中社(北座)  佐田彦大神
  上社(南座)  大宮能売大神

とされ、これに

  田中社(最北座)  田中大神
  四大神社(最南座) 四大神

を加えて5座を祭っています。

この5座の中で一般に稲荷の神の中核と考えられているのは、宇迦之御魂(うかのみたま)神で、この神は古事記によれば須佐之男神と神大市姫との間の子供で、大年神の妹であるということになっており、また延喜式では伊勢神宮外宮の神豊受大神と同体であるとされ、また一般に五穀の発祥の元の保食神、そしていざなぎ・いざなみが産んだ阿波国の神大宜都姫とも同体であるとされます。いづれにしても穀物の神です。

稲荷は比較的新しい世代に属する神ですが、この神を奉じていたのは秦氏の一族です。秦氏ではこの神社の神官を完全な世襲ではなく、一族の中で最も霊的な力の大きな人が継ぐ形で祭祀を続けていたと言われます。そしてこの神社を全国的な神社に発展させたのは弘法大師空海でした。

色々な伝説があるようですが、空海が東寺を作るとき、稲荷の山の木を勝手に切り出したため稲荷の神が怒って害をなしたため、空海が謝って、その後逆にこの神社をよく崇敬し、空海の人気が全国に広まるとともに稲荷神社も全国に広がったとも言われます。


【稲荷神社と狐】

お稲荷さんのお使いは狐ということになっています。中にはお稲荷さん自体が狐の神様であると思っている人もあるようです。この関連については色々な説がありますが、幾つか紹介します。

また、これに関連して、お稲荷さん・狐と華麗なるトライアングルを構成するのが油揚げです。油揚げで包んだ寿司を稲荷寿司といい、油揚げの入ったうどんをきつねうどんといいます。この問題について今泉忠明氏は次のように推察しています。(狐狸学入門/講談社)

農耕上有益な動物であったことと、その頭の良さそうな行動が中国からの影響もあり、キツネ信仰が発生していた。人々はキツネに感謝して農作物などをキツネの穴の所に供えたりするが、肉食のキツネにとって、これは有難迷惑以外の何物でもない。そうこうする内、何かの拍子に油揚げを供えてみたらキツネにとっては野菜などからすると随分マシな食べ物なので、これには口を付けた。そこで人々はキツネは油揚げが好きなのだと思うよ うになった。

【増殖する稲荷】

稲荷神社を支えている要素の一つは民俗信仰です。誰でも伏見の山を信仰する者は幾らかのお金を納めた上で自分が名前を付けた神様を伏見の山に祭ることができます。何百もの赤い鳥居の列を通って伏見の山の一の峯まで行きますと、そういう沢山の神様を祭る社が押し合いへし合い並んでいます。そしてその場所に立つと、そこが間違いなく聖地であることを体感するのです。稲荷は現在でも増殖を続けている神です。まるで作物が増殖するかのように。

デパートの屋上には大抵稲荷が祀ってあります。これはいつからか稲荷が商売繁盛の神とされたからなのですが、これは稲荷を奉じていた秦氏が商業の面でも成功したからだとも言われています。


【稲荷とダキニ天】

稲荷の中には豊川稲荷(曹洞宗)や最上稲荷(法華宗)のようにダキニ天を祀る仏教系の稲荷もあります。ダキニは胎蔵マンダラにも描かれていますがカーリー女神の侍女で、人間の肝を食う夜叉でした。しかし肝を食われては食われた人間が死んでしまうではないかとお釈迦様に叱られ、お釈迦様からもう命運の尽きた人を見分ける力を与えられて、そういう人の肝だけを食うようになったと言われます。

ここからダキニ天の外法が派生しており、この外法では自分の肝をダキニ天に捧げる密約をすると、ダキニ天がその人の願いを何でも叶えてくれると言われ、徳川家康はその外法によって天下を取ったという俗説があります。

一方では財福を招く次のような観念法もあります。ダキニ天の種字「カン」を念じ、その字が心臓となり、ダキニ天に変化し、更に文殊菩薩に変化して再びダキニ天に戻る様子を観想するのです。これがうまく行けば、ダキニ天はいつもその人に財産や福徳をもたらしてくれるとされます。

このダキニ天は平安時代末期〜室町時代頃から狐の精と考えられるようになり、そこから稲荷と結び付いたようです。剣と宝珠を持ち白狐にまたがった姿で、三面二臂の像や、天女の姿の像などが作られています。


【日本三大稲荷】

日本国内で「三大稲荷」と言われる稲荷が幾つかあります。色々な説があるのですが、やはり有力な説は伏見稲荷は必ず入れるとして、あとの2つを、茨城県の笠間稲荷、大阪の瓢箪山稲荷、山口県の太鼓谷稲成、佐賀県の祐徳稲荷の中から選ぶ形が多いようです。

なお、他に有名な稲荷としては、志和稲荷、高橋稲荷、竹駒稲荷、玉造稲荷、福島稲荷、箭弓稲荷、などがあります。


【日本の神社の数は?】

さて、稲荷神社は全国に32000社ありますが、日本全国の神社の総数は8万社ということでした。そのため、文献によっては日本の神社の3分の1が稲荷神社である、と書いてあるのですが.....

ここにリーダース・ダイジェスト社の「ホームアトラス日本列島」の数字を紹介します。それによると各系列神社の数は

  稲荷神社   32000
  八幡神社   25000
  伊勢神明社 18000
  天満宮     14000
  諏訪神社   13000
  厳島神社    9500
  宗像神社    6000
  日吉・山王  3800
  熊野・王子  3000
  津島神社    3000  ***
  春日神社    3000  ***
  八坂神社    2600  ***
  住吉神社    1600
  浅間神社    1300
  金毘羅神社   700  ***
  氷川神社     200  ***
となっています。但し***を付けたものは他の資料から補いました。この他に愛宕神社・恵比寿神社・淡島神社なども相当ありそうに思います。さて、とにかく上記の数字だけでも足してみましょう。

 あら不思議。

これだけでも13万5千社を越えています。これは「8万社」というのが神社本庁で把握している数字であるのに対して、実際にはきちんと神社として届出られていない神社(あるいは明治時代に他の神社に統合したということに書類上はなったが実際はそのまま残った神社)が相当大量にあるからではないかと思われます。どこまで神社として数えていいのか分かりませんが、道祖神や田の神を祀る祠などまで数えたら、恐らく全国の神社の数は30万社くらいはあるのではないでしょうか。

なお、神社の系統には分社・摂社・末社という区分があります。ここで分社は本社と同じ神を祀るものですが、本社とは独立の神社です。摂社・末社は本社の支配下にある神社ですが、摂社は関連する神を祀るもの、末社はそれ以外の神を祀るものです。なお、全国に18000社ある伊勢神明社ですが、これは分社ではなくほとんどが遥拝所であるとのことです。つまりそこに伊勢の神がいる訳ではなく、そこから遠く伊勢神宮を参拝する訳です。伊勢神宮は分社を作らない方針だそうです。



(C)copyright ffortune.net 1995-2013 produced by ffortune and Lumi.
お問い合わせはこちらから