造化三神

↑
造化三神
造化三神:天御中主神・高御産巣日神・神産巣日神
ぞうかさんしん:あめのみなかぬしのかみ・たかみむすびのかみ・かみむすびのかみ

古事記において最初に現れたとされる三神です。

天(之)御中主神(あめのみなかぬしのかみ)詳細
古書にはこの神に関する具体的な記述はほとんど無い。存在することにより全ての中心となる神であろう。
高御産巣日神/高(皇)産霊尊(たかみむすびのかみ) 別名高木神(たかぎのかみ)詳細
高天原の中心的な神。特に天孫降臨において司令塔的な役割を果たす。迩迩芸命の母の栲幡千々姫は高産霊神の娘。
神産巣日神/神(皇)産霊尊(かみむすびのかみ) 別名神産巣日御祖命(かみむすびのみおやのみこと)詳細
出雲の中心的な神。若い頃の大己貴神(大国主神)を助けた。少彦名神は神産巣日神の子。

古事記によればまだ天地も定まらず混沌として時に最初に現れた神は天御中主神(あめのみなかぬしのかみ)であったとします。そしてその次に現れたのが高御産巣日神(たかみむすびのかみ)と神産巣日神(かみむすびのかみ)で、この三神を一般に造化三神(ぞうかさんしん)と言っています。

高御産巣日神と神産巣日神は本来同格の神と思われますが、前者の文字数が多いのは、これが皇室に直結する神だからです。基本的に古事記は皇室直系の神の文字数が多くなる傾向があります。

高御産巣日神は高木神(たかぎのかみ)とも呼ばれ、高天原(たかまがはら)の中核神の一人で、しばしば天照大神(あまてらすおおみかみ)とともに、各種の指示を出しています。

一方の神産巣日神は出雲系、つまり高天原の天神に対する地祇(ちぎ)の中核神の一人で、若い頃の大国主神(おおくにぬしのかみ,だいこく様)を助けるエピソードなどが語られています。

「むすび」とは「結び」つまり結合するということで、結合すれば様々のものが生まれてくるということから、全てを産み出した元ということになります。故に「産巣」といった文字が使われているわけです。

これら造化三神は通常は性別も超越していると考えますが高御産巣日神を男神、神産巣日神を女神と考える流儀もあります。そもそも天御中主神から高御産巣日神・神産巣日神への展開は、易でいえば太極から陰陽が生じたという思想に通じるものがあり、この二神に敢えて陰陽を当てはめれば間違いなく、高御産巣日神が陽で、神産巣日神が陰でしょう。



(C)copyright ffortune.net 1995-2016 produced by ffortune and Lumi.
お問い合わせはこちらから