綿津見の神

↑
綿津見の神

綿津見の神
底津綿津見神・中津綿津見神・上津綿津見神

綿津見神社・海神社

わだつみのかみ
そこつわたつみのかみ・なかつわたつみのかみ・
うわつわたつみのかみ

住吉の神
宗像神


綿津見の神は「聞け、わだつみの声」などという本でも名前が通っていますが、海の神様です。このお名前は山の神様である山祇の神と対になっています。

綿津見神はいざなぎの神が黄泉の国から戻ってみそぎをした時に生まれた神です。この時水の底の方に潜った時に生まれたのが底津綿津見神・底筒之男命、中ほどにいた時生まれたのが中津綿津見神・中筒之男命、水の表面で生まれたのが上津綿津見神・上筒之男命です。この中の底津綿津見神・中津綿津見神・上津綿津見神が綿津見の神三神です。一方の底筒之男命・中筒之男命・上筒之男命の三神は住吉の神です。

綿津見神は阿曇連(安曇一族)の祖先神で、その本拠地は福岡県の志賀島の志賀海神社です。志賀島は例の「漢委奴国王」と刻まれた金印が出土したところです。

安曇一族に関連のある場所としては、長野県の安曇野があります。元々の本拠地は九州であったわけですが、一部の人たちがこの地に移住してきて、この名前を付けたようです。



(C)copyright ffortune.net 1995-2016 produced by ffortune and Lumi.
お問い合わせはこちらから