豊玉姫神

↑
豊玉姫神
豊玉姫神 とよたまひめのかみ
宮崎県の青島神社, 鹿児島県知覧町の豊玉姫神社, 愛媛県松前町の高忍日売神社, 対馬峰町の海津神社, 鹿児島神宮などの彦穂々手耳神を祭る神社

豊玉姫神(とよたまひめのかみ)は、山幸彦として知られる、天津日高日子穂穂手見命の妃で、海の神様の娘。そして、鵜葺屋葺不合命の母、神武天皇の祖母に当たります。

彦穂穂手見命が兄の火照命(海幸彦)の釣り針を無くしたため、それを探しに海に出たときに知り合い、結婚しました。

このため、豊玉姫神はしばしば龍宮の乙姫と同一視されており、また海の神の娘ということで、雨乞い・止雨の神としての信仰もあり、また孫が神武天皇になったということで、子孫繁栄の神としても崇敬されています。

また、安産や縁結びの神としての信仰も篤いようです。

一般には、彦穂穂手見命といっしょにお祭りされています。



(C)copyright ffortune.net 1995-2016 produced by ffortune and Lumi.
お問い合わせはこちらから