玉依姫神

↑
玉依姫神
玉依姫神 たまよりひめのかみ

霧島神宮

玉依姫神(たまよりひめのかみ)は、豊玉姫神の妹で、豊玉姫神がお産を見られたのを恥ずかしがって、海の宮に帰ってしまったのち、豊玉姫神と天津日高日子穂穂手見命の子の鵜葺屋葺不合命を育てるために地上の国にやってきました。

そして、後にその鵜葺屋葺不合命(うがやふきあえずのかみ)と結婚して、神武天皇の母になります。

なお、玉依姫という名前は、たま(神霊)の依代(よりしろ)になる姫という、一般名詞にも取れるため、この玉依姫以外にも、神話には玉依姫という名前が出てきます。詳しくは玉依姫の項を参照してください。



(C)copyright ffortune.net 1995-2016 produced by ffortune and Lumi.
お問い合わせはこちらから