少彦名神

↑
少彦名神
少彦名神 すくなひこなのかみ
鳥取県米子市彦名町の粟島神社, 和歌山市の加太神社, 島根県玉造温泉の玉作湯神社, 愛媛県道後温泉の湯神社, 東京の神田明神, 茨城県那珂湊市の酒列磯前神社, 山梨県甲府市の金桜神社, 
少彦名神(すくなひこなのかみ)は大国主神とともに全国を回って国土を開拓した神とされています。

大国主神がはじめ出雲の「御大之御前」(美保崎か?日本書紀では五十狭々の小浜と書かれている)にいた時、小さなガガイモの実の舟に乗って蛾の皮を剥いだ服(日本書紀ではミソサザイの皮の服)を着た小さな神様がやってくるのを見ました。

大国主神が珍しがって掌に乗せると、頬をつつきます。そこで「あなたは誰か」と聞くのですが、小さな神様はまだ言葉がしゃべれないようでした。そこで物知りの案山子(かかし)の神に聞くと「それは神産巣日神の子供の少彦名神ですよ」と答えました。そこで大国主神が神産巣日神にそのことを尋ねると「その子は私の指の間からこぼれ落ちた子なのですよ。あなたの弟として育てて、一緒に国作りをして下さい。」とのことでした。(日本書紀では高産巣日神の子供になっている。神産巣日神の子なら出雲系、高産巣日神の子なら高天原系となって大違いだが、元々この神は海を渡って来た稀人神なのでしょう)

(美保関に現在ある美保神社の祭神は美保津姫と事代主神である。美保津姫は事代主神の母ではないが父の大国主神の妃の一人である。この美保の地は国引神話によれば能登半島の珠洲から引いてきた土地ということになっている。古い時代からそちらとの海上交通を利用した交流・商業があったことを伺わせる。なお大国主神の重要な妃の一人に沼河姫がいるが沼河姫は越の国の姫で、珠洲付近まで大国主神の勢力範囲が及んでいたとしても不思議ではない。なお能登半島には大国主神を祀る重要な神社のひとつ気多大社がある。なお美保神社の境外摂社・客人神社が少彦名神とのミートポイントかも知れない)

少彦名神の名前と出自を大国主神に教えたのが案山子なのですが、後世この話は混乱をきたして、案山子自身が少彦名神の化身であるという信仰が成立しています。その為、少彦名神は田畑の守り神とも考えられています。また少彦名神が小さな神様で、ガガイモの実の舟に乗ってやってきた、という話がお椀の舟に乗って川を下る一寸法師の話を生み出したという説もあります。

少彦名神はまた温泉の発見者としても知られています。地元の玉造温泉をはじめ、四国の道後温泉、箱根の元湯温泉は少彦名神が発見したことになっています。この為少彦名神は温泉の神様としても信仰されます。

少彦名神は大国主神と一緒に国作りをしていても大国主神以上に厳しい所があったようです。ある時大国主の神が「色々苦労したが、この国もよくなってきたよな」と言いますと少彦名神が「よい所もたくさんあるが、よくないところもまだまだある」と言ったといいます。

そしてある時、少彦名神は自分のするべき事は終わったと考えたのか、「粟島」に行き、粟の茎によじのぼって、茎の弾力でポーンと跳ねて常世の国に去っていきました。この粟島がもしかしたら米子市彦名町の粟島神社かも知れません。この地は現在陸続きになっており周囲が陸地ですが、昔は独立した島でした。


少彦名神を祭神とする神社の大勢力のひとつは淡島(あわしま)様です。和歌山県の加太神社を中核とする全国の淡島神社の御祭神淡島明神は少彦名神であるとされています。粟島(あわしま)から常世の国に去っていったことにも関連しているのでしょうか。

少彦名神が乗ってきたのはガガイモの実の舟ですが、多くの人がこの「ガガ」という音が「カガチ」(蛇)に通じると指摘しています。そこから少彦名神は海蛇の神だったのではないかという説もあります。

出雲で毎年晩秋に行われる神在月の行事で、最初に行われる神迎神事では「竜蛇様」が神々を先導して稲佐の浜に上陸します。この「竜蛇様」が海蛇の化身ともされています。あるいは何か関わりがあるのかも知れません。

なお、この古い話によく出てくる「チ」という語は神格を伴った霊を表わします。同じ霊でも「タマ」(魂)より超自然的なものを表わすことばで、他にも「イカヅチ」(雷−厳霊)、「オロチ」(蟒−丘霊)、「タチ−田霊」(竜)、「ミズチ」(蛟−水霊)などの用例があります。また「チカラ」(力)の「チ」はこの霊力のことであり、「血」もこの「チ」から来ているとされます。

日本書紀は大国主神と少彦名神との「よくできた」「まだよくない所もある」という会話の直後に「深い訳があるようだ」という意味深な言葉を書いた直後に少彦名神が粟の茎で常世国に去っていったことを書いています。「深い訳」とは一体何だったのでしょうか。少彦名神はもしかしたらこの会話をした時点で、もう自分が常世国に帰らなければならない時刻が来ていることを思い起こしていたのかも知れません。そして自分が国作りの完成を見ることができないことへの無念がその言葉に出ているのでしょうか。



(C)copyright ffortune.net 1995-2016 produced by ffortune and Lumi.
お問い合わせはこちらから