大山咋神

↑
大山咋神
大山咋神 おおやまくいのかみ
山末之大主神
滋賀県の日吉大社など全国の日吉神社・日枝神社・山王神社・松尾神社

日吉大社と松尾神社の御祭神です。「おおやまくい」のかみとお読みします。「咋」は「杭」と同義で、山に杭(くい)を打って「ここは私の所有地だよ」とすることを意味します。つまり、この神様は山の所有者という訳です。

大山咋神(おおやまくいのかみ)は大年神(おおとしがみ)と、天知迦流美豆比売(あめちかるみづひめ)の間の子で、素戔嗚神の孫、大山祇神の曾孫に当たります。

稲荷神社の御祭神である宇迦之御魂神の甥、竃の神である奥津日子神、奥津比売神の弟に当たります。

古事記には『この神は近つ淡海国の日枝山に坐し、また葛野の松尾に坐して、鳴鏑を用つ神なり』と書いてありますが、その通り、比叡山の山麓の大津市・日吉大社と、京都の松尾大社に御鎮座しています。そこから全国の日吉神社・日枝神社・山王神社、松尾神社に勧請されています。

ここで日枝と比叡は同じことを字を変えて書いただけのことで、もともと比叡山はこの神の土地です。そして比叡山に延暦寺が入って、天台宗が興きてからは、その守護神にもなりました。山王とはこの比叡山の王という意味です。また、この関係から逆に、天台宗をベースにした山王神道・山王一実神道も興っています。日光に家康を山王一実神道で祭る東照宮を作った天海上人は比叡山をまるごと日光に勧請して江戸の守護としたのでしょう。

ただし、山王或いは比叡の神という場合、大比叡・小比叡という区別がなされます。

小比叡というのが、この元からここにおられる大山咋神で、大比叡というのは、後に勧請して来た三輪の大物主神です。日吉大社の場合は、東本宮に大山咋神、西本宮に大物主神が御鎮座しておられます。

この神はまた、賀茂神社とも関係が深いようです。その件については賀茂随想を参照してください。

大山咋神については色々深い話もあるようで、一般に日吉大社・松尾神社・大山咋神のことを調べ始めたら、それだけで一生が終わってしまうと言われています。



(C)copyright ffortune.net 1995-2016 produced by ffortune and Lumi.
お問い合わせはこちらから