大年神

↑
大年神
大年神 おおとしかみ
各地の大歳神社, 飛騨一宮水無神社

年末になると子供の御年神(おとしがみ)と共に、各家庭を訪れ、祝福をもたらすとされます。またその性格から穀神とも考えられています。

大年神(おおとしがみ)は素戔嗚神神大市姫神大山祇神の娘)との間の子で、稲荷神社の御祭神である宇迦之御魂神の兄に当たります。

古事記には、大年神の系譜が詳しく書いてあります。それほど、この神は重要な神です。

伊怒比売(神活須毘神の娘)との間に 大国御魂神、韓神、曾富理神、白日神、聖神
香用比売との間に 大香山戸臣神、御年神
天知迦流美豆比売との間に 奥津日子神、奥津比売神(大戸比売神), 大山咋神(山末之大主神),  庭津日神、阿須波神、波比岐神、香山戸臣神、羽山戸神、庭高津神、大土神(土之御祖神)
また、この羽山戸神大気都姫の間に 若山咋神、若年神、妹若沙那売神、弥豆麻岐神、夏高津日神(夏之売神)、秋毘売神、久々年神、久々紀若室葛根神
ここで、奥津比売神を書いたところで古事記は『こは諸人のもち拝く竃の神なり』と書いてありますので、単純に読むと、奥津比売神が竃の神であるようにも読めるのですが、一般には大年神・奥津日子神・奥津比売神の3柱の神が竃の神(三宝荒神)であるとみなされています。詳しくは竃の神の項を参照して下さい。

大山咋神(おおやまくいのかみ)については古事記に『この神は近つ淡海国の日枝山に坐し、また葛野の松尾に坐して、鳴鏑を用つ神なり』と書いてありますが、その通り比叡山(日吉神社/比枝神社/山王神社)と松尾神社の神です。詳しくは大山咋神の項を参照して下さい。

「咋」は「杭」と同じで「ここは誰それが管理する場所である」という標識を建てたもののことをいいます。三島の溝杭一族などというのもありますが、山咋もやはり山の管理者ということなのでしょう。そのため大山咋神は大山祇神(おおやまずみのかみ)とも深い関係があります。



(C)copyright ffortune.net 1995-2016 produced by ffortune and Lumi.
お問い合わせはこちらから