闇淤加美神・高淤加美神

↑
闇淤加美神・高淤加美神
闇淤加美神・高淤加美神 くらおかみのかみ・たかおかみのかみ
京都の貴船神社, 丹生川上神社の上社

闇淤加美神(くらおかみのかみ)の名前は、古事記及び日本書紀の一書で、伊邪那岐神が迦具土神を斬り殺した所に出てきます。この時に剣を握った指の間から血が流れ出た時に生まれたとされています。一方の高淤加美神(たかおかみのかみ)は日本書紀の別の一書で迦具土神を斬って3つの神になったとし、その内の一人が高淤加美神になったとしています。(日本書紀では「おかみ」の所で、雨冠に下は龍、そして間に口が3つある字(龗)が使われています。しか標準文字セットにないので、以下古事記流に書かせていただきます)

※ 龗 (雨/龍)=

この2神は同じ神という説もあり、対の神という説もあります。基本的には水の神・龍神様とみなされており、闇淤加美神は谷間の深い所に、高淤加美神はその山の上にいるというイメージのようです。

淤加美神の神裔としては、娘に日河比売、その子に深淵之水夜礼花神がいて、この神の孫が大国主神になることが古事記に記述されています。(須佐之男神の系譜参照)

貴船神社以外では、奈良県の丹生川上神社が重要拠点です。特に丹生川上神社・上社は元々高龗神社と呼ばれていた所で、川(現在大きなダムになっている)のそばの高い丘の上に鎮座していますが、ここは高淤加美神とともに弥津波能売神(みづはのめのかみ)をお祭りしています。またほかに同県の室生龍穴神社も古くから雨乞いの神社として崇敬されています。そのほか全国の意加美(おかみ)神社などで一般に雨乞い・止雨・灌漑の神としてお祭りされています。


Powered by 文字鏡

(C)copyright ffortune.net 1995-2016 produced by ffortune and Lumi.
お問い合わせはこちらから