罔象女神

↑
罔象女神
罔象女神 みずはのめのかみ
丹生川上神社の中社,  貴船神社, 島田市の大井神社

代表的な水の女神。水を司る神・雨乞いの神といえば、まずこの罔象女神か淤加美神が取り上げられます。

伊邪那美命が亡くなる時にその尿から生まれた神とされています。古事記では弥都波能売神と書かれ、日本書紀では罔象女神と書かれています。

基本的には水の神・井戸の神などとして信仰されていますが、福井県今立町の大滝神社の摂社・岡田神社では村人に紙漉き(製紙)を教えた女神とする伝説が伝わっています。



(C)copyright ffortune.net 1995-2016 produced by ffortune and Lumi.
お問い合わせはこちらから