三島明神

↑
三島明神
三島明神 みしまみょうじん
瀬戸内海の大山祇神社,  伊豆の三嶋大社,  大阪の三島鴨神社
三島明神と申される神はふたつあって、ひとつは大山祇神、もうひとつは事代主神です。

大山祇神は最初大阪の三島鴨神社にご降臨になられ、その後瀬戸内海の大三島の大山祇神社にお移りになられました。その娘は神武天皇の曾祖母であり富士山の女神でもある木花咲耶姫です。

事代主神は葛城のご出身ですが、この三島鴨神社にもご滞在になられ、その近くの溝咋神社溝咋姫のところに通っておられました。その間にできたお子は神武天皇の皇后である五十鈴姫です。

後に事代主神は出雲の美保神社→伊豆の三嶋大社とお移りになりました。

そこで三島鴨神社には大山祇神と事代主神の二座が祭られています。

伊豆の三嶋大社の御祭神は江戸時代までは大山祇神とされていたのですが、明治時代の調査で事代主神であったことが分かり、現在はその両神が併記されています。



(C)copyright ffortune.net 1995-2016 produced by ffortune and Lumi.
お問い合わせはこちらから