招き猫

↑
招き猫
招き猫 まねきねこ

9月29日は「来る福」で招き猫の日だそうです。

招き猫は前足を片方あげて座った焼物の猫の人形で、左手を上げているものは人を招き、右手を上げているものは金を招くと言われています。また白いものは開運、黒いものは厄除ともいいます。

色々な素材で作られていますが、特に常滑焼の招き猫はとても人気が高く、全国で販売されています。

招き猫の由来にはいくつかのお話があります。

ある時、彦根藩主の井伊直孝が猫に誘われるようにして世田谷の豪徳寺の境内に入りますと突然雨が降ってきました。おかげで雨に濡れずにすんだ井伊直孝が猫を大事にしたのが発端ともいわれ、またこれを縁に井伊家がここを菩提寺とすることになり、豪徳寺がその話を元に猫を描いた御札を出したのが招き猫の原型であるともいわれます。豪徳寺には猫塚も作られたそうです。

また別の説では、薄雲という遊女の話になっています。薄雲は信州埴科の百姓清左衛門の娘でしたが、身売りして遊女になり、美人だったため京町1丁目の三浦屋四郎左衛門お抱えの太夫となって吉原でも一二を争うほどになりました。

この薄雲が大の猫好きでいつも猫を抱いて道中していたのですが、ある時可愛がっていた猫が化け猫と間違えられて殺されるという事件がありました。この猫は盛大なお葬式をして道哲寺に葬り、その塚が関東大震災の時まで残っていたそうです。

気落ちしていた薄雲を慰めようと馴染の客で日本橋で唐物屋をしていたものが長崎から伽羅の名木を取り寄せ、それで彼女の愛猫の姿を彫らせてプレゼントしました。薄雲は大層喜んで、その猫の人形をいつも抱いていたとのことです。これが評判になると、それを真似して猫の人形を彫る者が相次ぎ、それが水商売の女たちに人気になって全国的に売れたといいます。そしてこれが招き猫の原型になったというわけです。



(C)copyright ffortune.net 1995-2016 produced by ffortune and Lumi.
お問い合わせはこちらから