国之常立神

↑
国之常立神
国之常立神 くにのとこたちのかみ
東京永田町の日枝神社など

古事記では天之御中主神以下の別天神(ことあまつかみ)5神が現れたあと、この国之常立神が現れたことになっています。しかし日本書紀では一番最初にこの神が現れています。それ故、この神も始源神として神道理論家の間では重視されてきました。

吉田神道を開いた吉田兼倶は、この神道で中心に据えた大元尊神を天御中主神=国常立神(この2神が同じ神ではないかと考えた人は結構いるようである)であるとしました。また、ホツマツタエでは天御祖神→天御中主神→国常立神→高御産巣日神→豊受神という系列ができています。



(C)copyright ffortune.net 1995-2016 produced by ffortune and Lumi.
お問い合わせはこちらから