五十鈴媛

↑
五十鈴媛
媛蹈鞴五十鈴媛命 ひめたたらいすずひめのみこと

溝咋神社, 橿原神宮


媛蹈鞴五十鈴媛(ひめたたらいすずひめ)は神武天皇の皇后で、比売多多良伊須気余理比売とも書かれます。

五十鈴媛は三島の溝咋姫(みぞくいひめ:咋は杭に同じ)の娘ですが、父親に関しては説が分かれます。

事代主神

基本的にはこれが信頼おける説だと思います。その後の事代主神の葛城政権への関わりからいっても最も妥当です。大阪の溝咋神社の伝承にもあるようですし、溝咋神社の境内に事代主神が祭られていることなどもこれを示唆しています。日本書紀の神武天皇の巻および旧事本紀にあります。

大物主神

古事記には大物主神の娘であるという説が出ています。それによれば三輪の大物主神が溝咋姫を好きになり、丹塗りの矢に変じて、トイレ(昔は「かわや」といって川の上にある)から溝咋姫の陰部にささったというものです。この話はご存じのように、賀茂神社の玉依姫と火雷命の話と同じ形式の説話です。賀茂神社の説話では生まれたのは上賀茂神社の御祭神である賀茂別雷神ですが、こちらでは五十鈴媛になっています。

日本書紀は神武天皇の巻では明確に五十鈴媛を事代主神の娘と書いていますが、神代上の巻では実は大物主神説と事代主神説を併記しています。

ここで面白いのは大物主神と事代主神の関係です。通常、大物主神は大国主神の幸魂奇魂であるとされ、事代主神とは親子関係になるわけですが、美保神社の美穂津姫に関する伝承でも同様の混乱が見られます。

つまり、美保神社では一般に美穂津姫は事代主神の妃神と考えられているのですが、実は日本書紀には美穂津媛を、大物主神の妃とする記述が出てきます。

大物主神がおられる三輪山は橿原宮の北東にあり、南西には葛城の賀茂神社があって、事代主神が祭られています。つまり橿原宮の鬼門を大物主神が、裏鬼門を事代主神が守っておられるのです。

この葛城には古くから一言主神もおられます。そして、事代主神・一言主神・大物主神はいづれも似た性格を持つ神です。そのため、お互いに神格の一部交換が起きており、その際、この婚姻譚まで転移してしまった可能性があります。

なお、五十鈴媛の生誕の地である溝咋神社のすぐ近くには三島鴨神社がありますし、近くに鴨村・鴨林などの地名が残り、この付近が賀茂一族の勢力範囲であったことを伺わせます。それ故、やはり五十鈴媛は賀茂一族がかかげる最も重要神である事代主神の娘である可能性が高いと思われます。



(C)copyright ffortune.net 1995-2016 produced by ffortune and Lumi.
お問い合わせはこちらから