天之常立神

↑
天之常立神
天之常立神 あめのとこたちのかみ

岩手県水沢市の駒形神社など

古事記では、最初に天之御中主神が現れ、その後高御産巣日神神産巣日神が現れ、その次に現れたのが宇摩志阿斯訶備比古遅神、そしてこの天之常立神ということになっています。この五神は別格であるとして、別天神(ことあまつかみ)と呼ばれます。

ただし日本書紀の一書(異説)では、全ての最初に現れたのがこの神で、次が可美葦牙彦舅尊(宇摩志阿斯訶備比古遅神)、そして国常立尊であったともされています。

私もこの神様についてはよく分かりません。名前だけ見ると、むしろ国常立神とペアのようにも見えます。


(C)copyright ffortune.net 1995-2016 produced by ffortune and Lumi.
お問い合わせはこちらから