人物-日本現代

このページは、日本の太平洋戦争が終わってから以降、現代(概ね1945以降)に活躍した人物についての情報を集めます。


■Topics


このページはリンク自由です。ただし無断転載はお断りします。

あなたのホームページをご紹介下さい。こちらから登録できます。


↑

(C)copyright ffortune.net 1995-2013 produced by ffortune and Lumi.
お問い合わせはこちらから
↑ 井上忠夫(1941-2000)
1941年(昭和16年)9月13日、作曲家の井上忠夫が生まれました。

日本大学豊山高等学校から日本大学芸術学部に進んでいます。最初映画関係の
仕事を志していましたが、高校時代に吹奏楽をしていた影響もあり大学在学中に
ジャズバンドを結成。ジャズ喫茶などで演奏していた所をジャッキー吉川に
見い出されてスカウトされ、(恐らく第三期の)《ブルーコメッツ》創立に
参加しました(当時の正式名は「ジャッキー吉川とブルーコメッツ」)。

今ではユニットとかバンドとか言われますが当時は「グループサウンズ」と
呼ばれた時代です。

この時期、彼は本名の井上忠夫で活動していますが、このグループサウンズでは
フルートやサックスを担当しています。そしてここで『青い瞳』『ブルーシャトウ』
を書いて大ヒット。特に『ブルーシャトウ』(橋本淳作詞)は同グループサウンズ
の代表曲となりました。

当時小学生の間では「森トンカツ、泉ニンニク、かコンニャク、まれテンプラ」
などと歌詞の語尾に食物などの名前を付加する替え歌が大流行しました。

1972年にレコード会社との契約が切れたのを機に脱退。その後作曲家として活動
することになりますが、この活躍がハンパではありません。主なものだけ挙げて
いっても以下のような曲があります。

恋のダイヤル6700(1973フィンガー5)
学園天国(1974フィンガー5)

マッハバロン/眠れマッハバロン(1974)
機動戦士ガンダムII「哀戦士」(1979)

ランナウェイ(1980シャネルズ)
トゥナイト(1980シャネルズ)
街角トワイライト(1981シャネルズ)
め組のひと(1983ラッツ&スター:シャネルズから改名)

NAI・NAI 16(1982シブがき隊)
100%・・・SOかもね!(1982シブがき隊)
アッパレ!フジヤマ(1984シブがき隊)

ボヘミアン(1983葛城ユキ)
2億4千万の瞳(1984郷ひろみ)
クライマックス御一緒に(1984小泉今日子:あんみつ姫名義)
一万光年の愛(1985西城秀樹)

1980年代前半を代表するバンドのひとつであるシャネルズ(ラッツ&スター)の
活動は井上忠夫あってのものであり、最近の作曲家に例えれば、つんく・小室哲哉
並みの活躍です。

当時、森昌子・前川清などに提供した曲もあり、彼の作曲分野は非常に広い
方面に渡っています。

1981年頃に「井上大輔」に改名していますが、これは元々内田裕也が彼を誤って
「大ちゃん」と呼んでしまったのが元だと言われています。

2000年3月に網膜剥離の手術を受けますが、経過が思わしくなく、再手術などは
できないだろうかと周囲に漏らしていたと言います。同年5月30日午前5時頃、
自宅で首をつっているのを奥さんが発見。救急隊員が駆けつけますが既に死亡
していました。自分の病気が厳しいのに加えて、十数年前から病気がちの奥さん
の介護をしていたことから精神的な疲れではないかと言われました。

その奥さんも翌年7月(推定)、後を追うようにして自殺しています(遺体は9月に発見)。

(2013-09-12)

↑ Dropped down from 今日は何の日.