昔の棋譜

↑

現代の棋譜は縦と横の数字で座標的に表現するが、江戸時代は「いろは」 方式で棋譜を書いていました。下記にその表記方法を示します。

┌─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┐ │谷│柳│万│一│ゆ│ま│つ│ぬ│い│ ├─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┤ │川│桜│花│三│め│け│ね│る│ろ│ ├─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┤ │海│松│鳥│五│み│ふ│な│を│は│ ├─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┤ │里│楓│風│六│し│こ│ら│わ│に│ ├─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┤ │村│雨│月│七│ひ│え│む│か│ほ│ ├─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┤ │森│露│春│八│も│て│う│よ│へ│ ├─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┤ │竹│霜│夏│十│せ│あ│の│た│と│ ├─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┤ │草│雪│秋│百│す│さ│く│れ│ち│ ├─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┤ │石│山│冬│千│京│き│や│そ│り│ └─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┘

ゐ・お・ゑ・二・四・九が抜けているのは、い・を・え・に・し・く と紛らわしいからである。谷川九段に娘さんができたら海里という 名前にしてくれないものだろうか、という一部の声もある。


↑
(C)copyright ffortune.net 1995-2016 produced by ffortune and Lumi.
お問い合わせはこちらから