足袋の日(10.8)

↑

10月8日は足袋の日です。

日本足袋工業会が1988年に制定しました。七五三・お正月・成人の日、とい った和服を着て足袋を履く機会が多くなるシーズンを前に、末広がりで縁起 のいい8日ということで定めたものです。

足袋の起源についてはよく分からないようですが、平安時代に源流ができた ようです。山を歩くことの多い猟師たちが熊や鹿や猿などの毛皮で作った、 股割れ付きの袋を足に履いていたとされ、これが起源になったという説、又 その時期に貴族たちが沓(くつ)を履くとき、股割れの無い、布製の袋を履 いていたのが起源になったという説もあります。

平安時代の貴族が履いていたものは下沓(しとうず)と呼ばれていますが、 むしろ現代のソックスのようなもののようです。ひもで縛って留めるように なっていました。

中世には一般の人々にまで普及したようですが、その頃には皮製・ひもつき・ 股割れあり、という形式が確立しています。そういう意味では足袋の原型が 固まったのは室町末期といった方がいいのかも知れません。

これが明暦の大火(1657,例の振袖火事のことです)のあと、皮の値段が急騰し この時に代替材料として木綿が使われるようになりました。そして木綿では ひも留めがきついため、代わってボタン留めの手法が生まれ、現在の足袋の 形にほぼなったようです。また現在の足袋は通常小鉤(こはぜ)と呼ばれる 金具で留めますが、この形式は江戸時代末期に生まれて明治以降普及したも ののようです。

足袋の語源については、こういう語源問題を論じるときには必ず出てくる例 の『倭名抄』には『町人は鹿皮を以て半靴を為る。名付けて単皮と日う』と あり、単皮(たんび)が転じて『たび』になったとしています。が、旅をす る時に履くから「たび」と呼んだという俗説も捨てがたいものがあります。
また、足袋の形が鼻に似ている(??)ということから「多鼻」で「たび」にな ったという説もあります。

なお、現在日本全国の足袋の生産量の80%は埼玉県の行田市で生産されて います。ここは良質の木綿の産地であることから、江戸時代に藩主が下級武 士に内職を奨励して、生産が始まったと言われています。


↑ Dropped down from 今日は何の日.
(C)copyright ffortune.net 1995-2016 produced by ffortune and Lumi.
お問い合わせはこちらから