賀茂探求(19)葛城古道/一言主神社

←↑→
written by Lumi on 00/05/05 23:00.

【一言主神社】

民家の並びに別れをつげて大きな道に戻り、少し歩いたあと、山の方へ 少しのぼります。のぼりきった所が一言主神社。
 
 正式には葛城一言主神社。御祭神は一言主神と幼武尊(雄略天皇)。
 
 雄略天皇が一緒に祀られているのは古事記・日本書紀に描かれているエピ ソードで、一言主神に最初に遭遇したのが雄略天皇であるからです。
 
 そのあたりに関してはまた追って論述したいと思います。
 
 境内の摂社は下記の通りです。
 
 祓戸神 一言稲荷大明神 稲荷社 市杵島社 天満社 住吉社 八幡社 神功皇后社

一言主神に関する考察というのは、葛城そして賀茂一族のひとつの謎の追究 になりますが、地元ではこの神の性格は忘れられ名前から「いちげんさん」
と呼ばれ、何でもひとつだけ願いごとを叶えてくれる神様、ということにな っています。


←↑→


(C)copyright ffortune.net 1995-2016 produced by ffortune and Lumi.
お問い合わせはこちらから