賀茂探求(11)事代主神とえびす

←↑→
written by Lumi on 00/05/05 15:14.

さて、事代主神(ことしろぬしのかみ)は「えびす様」としても信仰されて います。

ただし「えびす様」とされているのは、事代主神の他に、蛭子(ひるこ)神・ 少彦名(すくなひこな)神などもあります。

事代主神をえびすとする神社は、堺市の石津神社を最古として、大阪市の 今宮戎神社、神戸市の長田神社、そして出雲の美保神社などがあります。
一般には事代主神とその奥様をお祀りしているパターンが多いようです。

蛭子神をえびすとする神社は、西宮市の西宮神社が有名です。またえびす様 の出自についても、この蛭子説がもっとも有名であり、西宮神社は全国の えびす信仰の中核的存在でもあります。

少彦名神をえびすとする神社は、一般に同時に大己貴(おおなむぢ)神、つま り大国主(おおくにぬし)神こと「だいこく様」を一緒にお祭りしており、 「えびす・だいこく」の神社という形を取っています。東京の神田明神など 一般に東国に多いのですが、愛媛県の道後温泉、出雲の玉造温泉などの温泉 地では西日本でも広く見られる形態です。

この「えびす様」というのは、正体が見えそうで見えない、なかなか複雑な 神様という気がします。


(Aprilさんのコメント:要約) フィールドワークは体力勝負ですね。
 事代主のえびすもあるんですね。今宮戎神社には何回も行ったのに。
 事代主神少彦名神がえびす神にされているのは、この2神が外国 から来た神だという暗示のようで面白いですね。

(お返事) 私も、今宮戎・石津神社は蛭子神と聞いていたので、てっきりそう思って いたのですが、実際神社に行ってみると、事代主神になっていました(^^)

事代主神は宮中の御巫(みかんなぎ)八神の一でもありますね。天照大神だっ て入っていない御巫八神の中に、神産霊神高産霊神と並んで入っている。

いったい事代主って何者なのだ??

ということで、このところこの神様がほんとに気になってしょうがないん ですよ(^^)私は。


←↑→


(C)copyright ffortune.net 1995-2016 produced by ffortune and Lumi.
お問い合わせはこちらから