風水羅盤には何が書いてあるか( 9)


さて、二十四山の下には穿山七十二龍が配置されています。二十四山の各々を 3分割したものですね。名称は六十甲子に八干・四維が加わっています。八干 四維は二十四山の中の壬癸艮甲乙巽丙丁坤庚辛乾、つまり十二支以外の分ですが その真下の中央にこの八干・四維がそのまま配置されます。

ただし、この八干・四維は羅盤上に実際には記述されず、空欄にされるか「正」 の字が書かれます。

 壬  子  癸  丑  艮  寅 
癸 甲丙戊庚壬 乙丁己辛癸 丙戊庚壬
亥 子子子子子 丑丑丑丑丑 寅寅寅寅


 甲  卯  乙  辰  巽  巳 
甲 丁己辛癸乙 戊庚壬甲丙 己辛癸乙
寅 卯卯卯卯卯 辰辰辰辰辰 巳巳巳巳


 丙  午  丁  未  坤  申 
丁 庚壬甲丙戊 辛癸乙丁己 壬甲丙戊
巳 午午午午午 未未未未未 申申申申


 庚  酉  辛  戌  乾  亥 
庚 癸乙丁己辛 甲丙戊庚壬 乙丁己辛
申 酉酉酉酉酉 戌戌戌戌戌 亥亥亥亥


これまた奇麗な配置ですね。これは名の示す通り龍の来る方角を見る訳で例えば、 壬山は癸亥の方角と甲子の方角から来ることを示します。正の向き、つまり八干 四維の方角からは龍は来ません。つまり凶の方角ということができます。これは 言い替えれば、十二方位の境目の部分がいけないということになります。

(1995/06/24 19:40)