四神相応:大地の術・風水

↑
風水は現在たくさんの本が出版されていますが、中にはタイトルばかり風水で中味は単なるインテリア占いであったり、風水ではなく日本伝統の家相学であったりするようですが、やはり折角ですから、本物の風水に触れてみましょう。

古代の土地利用術

風水は簡単に言えば地の気を読みとり、気の流れを生かした住居や墓をデザインするための技術です。中国古代に発達したもので、中国・台湾・韓国・日本といった地域でかなり古くから行われていました。日本の白鳳時代の藤原宮、そしてその後の平城京(ならの都)、平安京(きょうの都)も風水思想に基づいて作られているされ、四神相応の土地に立っているとされます。

ここで四神相応とは、といったものです。

風水の分類

風水は正確には「地理風水」と呼ばれますが、その内容はいくつかの観点から分類されます。
地理と風水
都の建設のような大規模なものを見るのを地理、家や墓など小規模のものを見るのを風水といいます。両者は基本は同じでも、方位の取り方などに差異が出ます。
陽宅と陰宅
陽宅は住居の状態を見るもの、陰宅は墓の状態を見るものです。墓はあの世での家であり、子孫の繁栄と連動しています。
巒頭と理気
巒頭とは地形を見るもので、理気は方位を見るものです。地形的にも方位的にもよい場所が理想の土地になります。
風水の流派
八宅派・九星派・飛星派・玄空派・奇門派・星度派などなどの流派があります。

本命卦

風水ではその家に住んでいる人の生まれ年で定まる「本命卦」とその家の方位との相性も見ます。

本命卦は日本の九星と似たものですが、五黄がないことと、男性と女性で異なることが特徴です。本命卦の一覧はこちらのページを見てください。

(2000年頃の文書)

24方位

風水では一般に一周を8等分した「8方位」と24等分した「24方位」を使用します。その名称は次のようになっています。

↑