home  雷山小過火水未済火水未済火水未済火水未済火水未済  

水火既濟 ji-ji After-Completion
卦辞:既濟、亨小。利貞。初吉終亂。
既濟は亨も少なし。貞にして利あり。初まりは吉なるも終わりは乱るる。
63 = :l: l:l 水火既済 完成後・安泰・これ以上欲張らない・ここが最高点

12.水火既済  水雷屯沢火革
上六。其の首を濡らす。獅オ。    兄弟子水 応
九五。東隣の牛を殺すは、西隣の?(禴)祭に如かず、実に其の福を受く。    官鬼戌土
六四。繻るに衣?(袽)有り。終日戒む。    父母申金
体=水(水) 用=火(火) 体剋用○
九三。高宗の鬼方を伐つ。三年にして之に克つ。小人を用うるなかれ。 午妻 兄弟亥水 世
六二。婦の其の?(茀)を喪う。逐(お)うなかれ。七日にして得る。    官鬼丑土
初九。其の輪を曳く、其の尾を濡らす。咎なし。    子孫卯木
体=火(火) 用=水(水) 用剋体×

.6=水が首まで来ている。無理な行動であった。もう危ない。
.5=既に一番良い時は過ぎた。次の世代の芽が出ている。初心に戻って更に発展を
.4=危険にそなえて一日中警戒している。害は免れるが疲れもする。
.3=剛強なるもの敵を討つが三年かかる。小人は賞金だけに留め地位は与えない
.2=事が成って気が緩むと大切な物を失う。しかし7日もすれば戻ってくる。
.1=車輪を引き、尻尾を引く。慎重に構えて軽々しく渡らない。災いなし。
彖曰、既濟亨、小者亨也。利貞、剛柔正而位當也。初吉、柔得中也。終止則亂、其道窮也。
既濟は亨る、小者は亨るなり。貞しきに利あり、剛柔正にして位当たるなり。初めは吉にして柔の中を得るなり。終には止めて則ち乱れ、其の道窮まるなり。
象曰、水在火上既濟。君子以思患而豫防之。
水の火上に在るは既濟なり。君子は以て患を思い豫め之を防ぐ。

上六。濡其首。氏B
上六。其の首を濡らす。獅オ。
象曰、濡其首、氏A何可久也。
象曰、其の首を濡らすの獅オは、何ぞ久しかるべけんや。

九五。東鄰殺牛、不如西鄰之?(禴)祭、實受其福。
九五。東隣の牛を殺すは、西隣の?(禴)祭に如かず、実に其の福を受く。
象曰、東鄰殺牛、不如西鄰之時也。實受其福、吉大來也。
象曰、東隣の牛を殺す、西隣の時に如かずなり。実に其の福を受くは、吉の大いに来るなり。

六四。繻有衣?(袽)。終日戒。
六四。繻るに衣?(袽)有り。終日戒む。
象曰、終日戒、有所疑也。
象曰、終日戒むは、疑う所有ればなり。

九三。高宗伐鬼方。三年克之。小人勿用。
九三。高宗の鬼方を伐つ。三年にして之に克つ。小人を用うるなかれ。
象曰、三年克之、憊也。
象曰、三年にして之に克つ、憊(つかれ)たるなり。

六二。婦喪其?(茀)。勿逐。七日得。
六二。婦の其の?(茀)を喪う。逐(お)うなかれ。七日にして得る。
象曰、七日得、以中道也。
象曰、七日にして得るは、中道を以てなり。

初九。曳其輪、濡其尾。无咎。
初九。其の輪を曳く、其の尾を濡らす。咎なし。
象曰、曳其輪、義无咎也。
象曰、其の輪を曳くは、義咎なきなり。



home   雷山小過火水未済火水未済火水未済火水未済火水未済  

(C)copyright ffortune.net 1995-2013 produced by ffortune and Lumi.
お問い合わせはこちらから