home  風水渙風沢中孚山雷頤火山旅風水渙沢水困  

水澤節 jie Courtesy
卦辞:節、亨。苦節不可貞。
節は亨る。苦節は貞にすべからず。
60 = :l: :ll 水沢節 限界・制限・節度・乗り越えるべきもの

10.水沢節 六合 坎為水水雷屯
上六。苦節す。貞なれば凶。悔亡ぶ。    兄弟子水
九五。節に甘んず。吉。往きて尚有る。    官鬼戌土
六四。節に安んず。亨る。    父母申金 応
体=水(水) 用=沢(金) 用生体○
×××六三。節若たらざれば則ち嗟若たり。咎なし。    官鬼丑土
××九二。門庭を出ず。凶。    子孫卯木
×初九。戸庭を出ず。咎なし。    妻財巳火 世
体=沢(金) 用=水(水) 体生用×

.6=苦節。節も行きすぎると苦しいだけで良いことは無い。続ければ凶。
.5=中正の徳で自己の欲を甘んじて節し相手も節制に甘んじる。吉。貴ばれる。
.4=無理せず心安らかに節の道を。そうすれば願いも通る。
.3=節度を保てない為に嘆く羽目になる。中庸を守れず自業自得。
.2=門を出ようとしない。折角のチャンスも動かなければ無駄。時期を逸する。
.1=庭から出ずにおとなしくしていれば災いはない。口を謹んで。
彖曰、節、亨。剛柔分而剛得中。苦節不可貞、其道窮也。説以行險、當位以節、中正以通。天地節而四時成。節以制度、不傷財不害民。
節は亨る。剛柔分ちて剛中を得る。苦節貞にすべからずは、其の道の窮まればなり。説びて以て険に行き、位に当たりて以て節すれば、中正にして以て通ず。天地は節して四時を成す。節するに制度を以てすれば、財を傷らず民を害せず。
象曰、澤上有水節。君子以制數度議徳行。
沢の上に水有るは節なり。君子は以て数度を制し徳行を議す。

上六。苦節貞凶。悔亡。
上六。苦節す。貞なれば凶。悔亡ぶ。
象曰、苦節貞凶、其道窮也。
象曰、苦節し貞なれば凶は、其の道の窮まればなり。

九五。甘節。吉。往有尚。
九五。節に甘んず。吉。往きて尚有る。
象曰、甘節之吉、居位中也。
象曰、節に甘んずの吉は、位に居りて中なればなり。

六四。安節。亨。
六四。節に安んず。亨る。
象曰、安節之亨、承上道也。
象曰、節に安んずの亨るは、上を承けて道あればなり。

六三。不節若則嗟若。无咎。
六三。節若たらざれば則ち嗟若たり。咎なし。
象曰、不節之嗟、又誰咎也。
象曰、節さざるの嗟、又た誰をか咎めん。

九二。不出門庭。凶。
九二。門庭を出ず。凶。
象曰、不出門庭、凶、失時極也。
象曰、門庭を出ずの凶は、時を失すること極まればなり。

初九。不出戸庭。无咎。
初九。戸庭を出ず。咎なし。
象曰、不出戸庭、知通塞也。
象曰、戸庭を出ずは、通塞を知るなり。



home   風水渙風沢中孚山雷頤火山旅風水渙沢水困  

(C)copyright ffortune.net 1995-2013 produced by ffortune and Lumi.
お問い合わせはこちらから