箸の日(8.4)

↑

8月4日は語呂合わせで「箸の日」です。

箸(はし)は中国とその周辺の文化圏で発達した食事用具です。中国・モン ゴル・東南アジア・朝鮮半島・日本などで箸を使用しますが、素材は様々で、 鉄・竹・木など色々な素材が地域により使われています。特殊な例では象牙・ 銀・真鍮などの箸もあるようですが一般的なものではないと思います。近年 はまたプラスチツクの箸もかなり出回っています。

日本では料理用の菜箸を除けば木の箸が主流で、輪島塗・会津塗・津軽塗な どといった塗り箸が普段の食事には使用されます。もっとも麺類を食べる時 は、竹の箸もすべらずに使いやすくて便利です。数年前になぜか追放運動が 起きてしまった割り箸ですが、これはそもそも通常の材木としては使用でき ない端材や松ヤニを採取した後の松などを捨てずに有効利用して生産してい るもので、資源の無駄遣いどころか逆にリサイクル商品なのでした。

(こんなものよりファーストフード店のハンバーグを入れたプラスチック容 器とか雨の日にデパートの入口に置いてあるビニール袋などを批判すれば いいと思うのですが)

さて、閑話休題。

日本に現在のような2本に分かれた形の箸が入ってきたのは飛鳥時代である と言われています。それまではピンセット型の折り箸で日本人はご飯を食べ ていたようです。ですから古事記に出てくる、素戔嗚尊(すさのおのみこと) が箸が流れて来たのを見て「この上流に人が住んでいるようだ」といった箸 というのは、そういうピンセット型の箸であったようです。この形の箸は今 でも神社で神事の時に使用するところがあります。国内で現存の多分もっと も古い箸は正倉院に保存されているもので銅製です。これはもう2本に分か れた現在の形式のものだそうです。

箸の使い方に関しては国によって随分マナーが異なるようです。例えば韓国 や中国などでは、自分の箸をなめてきれいにしてから、食べ物を他人にとっ てあげる、などということをする習慣があるようですが当然日本では気持ち 悪がられます。また箸をテーブルに置くとき、日本人は横に置きますが中国 人は縦に置きます。

さて、この日本人でも箸に関するマナーが守れない人が増えてきているよう です。年輩の人などと一緒の席や、やや固い場で恥をかかないように、次の 程度の禁止事項は覚えておきましょう。

 ×迷い箸 箸を持ったまま、どの料理を食べようかと迷う動作。食べる物       を決めてから箸を動かすようにしましょうね(^^)

 ×探り箸 料理の中から自分の好きなものを箸で探し出すことです。表面       に出ている物から順に食べましょうね(^^)

 ×握り箸 箸を握ったまま、その手でご飯茶碗や汁碗を持つことです。箸       は利き手で。茶碗はもう一方の手で持ちましょう(^^)

 ×ねぶり箸 箸をなめることです(^^) 外国人の方のために特に注記します       と人前でこういうことをする人は一般に全く行儀のなってない       子供と同様の人とみなされます。まぁ家の中ではご随意に(^^;

 ×拾い箸 料理を自分の箸から他人の箸へ直接渡すことです。これは火葬       場でお骨を拾う時の箸の使い方で不吉であるとされ非常に嫌わ       れます。これは家庭内でも超タブー。他人に渡す時は相手の皿       へ(^^)

 ×刺し箸 箸で料理を突き刺して食べることです。やはり箸は挟むもの(^^)       まぁ、これは家庭内ではご随意に。

 ×渡り箸 おかずを食べた後、ご飯を食べずに続けて別のおかずを食べる       ことです。交互に食べるのがお作法ですね(^^) これも普段の       食事の時は気にする必要ないでしょう(^^;


↑ Dropped down from 今日は何の日.
(C)copyright ffortune.net 1995-2016 produced by ffortune and Lumi.
お問い合わせはこちらから