野菜−きのこ

↑
前 次

きのこ類  まいたけ(舞茸)担子菌類ヒダナシタケ目。広葉樹の根もとに生える。
 ひらたけ(平茸)担子菌類原茸目。広葉樹の枯れ木に発生。若いものはシメ   ジに似るのでスーパーなどで「しめじ」といって売られているのは通常   これである。
 しいたけ(椎茸)担子菌類原茸目。椎・楢などの枯れ木に生える。栽培盛ん。
 マッシュルーム(mashroom)担子菌類原茸目。作り茸。
 えのきたけ(榎茸)担子菌類原茸目。榎などの広葉樹の朽木に生える。もやし状。
 なめこ(滑子)担子菌類原茸目。表面が粘質物で覆われている。
 まつたけ(松茸)担子菌類原茸目。生きた赤松にだけ生える。
 しめじ(湿地・占地)担子菌類原茸目。多数が一株になって生える。1本だ   け生えているのは一本シメジといい毒茸である。しめじの本物は通常料亭   直通で庶民の口には入らない。一般に売られているのは平茸などの形の似   た全く別の茸である。
 しょうろ(松露)担子菌類腹菌目。海浜の松林砂中に生える。料亭直行で   庶民の口には入らない。
 トリュフ(truffe)子嚢菌類西洋松露目。カシ属の植物の根に寄生。豚に   探させる。超高価。
 まんねんたけ(万年茸)担子菌類ヒダナシタケ目。広葉樹の根元や切り株に   生える。そのまま乾燥させたものを霊芝(れいし)という。
 さるのこしかけ(猿の腰掛)担子菌類ヒダナシタケ目サルノコシカケ亜目。
  種類により薬用・食用・細工用。
 とうちゅうかそう(冬虫夏草)冬の間は虫になって動き回り夏の間は草の形   をしている不思議な生物、という意味だが実際には虫に寄生した茸類であ   る。蝉の幼虫に寄生した蝉茸もこの仲間。種類により漢方薬や中華料理で   使用する。

上にも書いたように「しめじ」は本物を私たち一般人は全然見てないんですね。
スーパーで売っている「しめじ」は二通りあって、単に「しめじ」と書かれた ものは平茸です。「ほんしめじ」と書かれているのは何か難しい名前のきのこ です。一度聞いたのですが忘れてしまいました(-_-) でも多分本物のしめじを 青森に住んでいた頃、時々父が山で取ってきていました。

うちの母は唐津に小さい頃住んでいたので、松露なんてその辺にいくらでも 生えていたそうです。唐津名物の「松露饅頭」はその形だけとったもの。でも 私は一度も実物を見たことがありません。松茸もうちの妻の祖父などは山で よく取ってきていたそうです。一般に松茸を取る人は絶対その場所を人には 教えないとか(^^) そうたくさん取れるものではないんでしょうね。


(C)copyright ffortune.net 1995-2016 produced by ffortune and Lumi.
お問い合わせはこちらから