冷凍食品の日(10.18)

↑

10月18日は冷凍食品の日です。

これは1986年に日本冷凍食品協会が定めたものです。冷凍の「とお」にちな んで10月。そして冷凍食品の品質を維持するための温度-18度にちなんで制定 されました。(苦しい制定の仕方と思うのは私だけ?)

人類の文明の発展はある側面では食糧の保存法を軸にしていたということも できるかも知れません。

最初に考えられた保存法は恐らくは乾燥させることではないかと思います。
気候などの条件が良ければ、特定の肉や植物は乾燥させることで長持ちし ます。逆に生の時より味わい深くなるケースもありました。

その次に出てきたのが多分塩漬けにする方法。これは海の近くで文化を作 った人が考えたのかも知れません。

そして冷凍する方法は、寒い地方で暮らしを営んだ人たちによって考えら れたものでしょう。肉や魚が雪や氷の中に埋めておくといつまでも新鮮な 状態で食べられることに、北方の民は神の恵みを感じたことでしょう。

温帯が国土の大部分を占める日本では、この冷凍保存法は非常に限られた 人々だけが使っていたものと思われます。近代以降では、高野豆腐のよう な乾燥食品、漬け物や塩魚などの塩漬け食品、そして次には近代文明の成 果である空気遮断法を使用した缶詰が先行し、冷凍食品が普及するのは、 結局冷蔵庫が普及する昭和40年代以降ということになります。

またこの現代の冷凍の技術は、後に乾燥法に応用されて「フリーズドライ」 を産み出します。急速冷凍してから水分を飛ばすこの方法は味があまり落 ちないことから、インスタント・コーヒーやインスタント・ラーメンなど で使用されており、現代の日本都市文明においてはなくてはならないもの になっています。

現在冷凍食品として供給されているものは多々あります。恐らくお弁当を 作って会社や学校に持って行っている人の大半は、おかずの半分以上が 冷凍食品なのではないかと思います。ハンバーグ、スパゲティ、コロッケ、 トンカツ、オムレツ、などといった完成品、ミックス・ベジ、和風野菜 ミックス、コーンなどといった素材、またたこ焼き・鯛焼きなどのおやつ まで、冷凍食品はほんとうに私たちの生活に密着しています。


↑ Dropped down from 今日は何の日.
(C)copyright ffortune.net 1995-2016 produced by ffortune and Lumi.
お問い合わせはこちらから