ベルバラの日

↑

 1974年8月29日に大ヒットとなった「ベルサイユのバラ」が宝塚歌劇月組で  初演されたのを記念したものです。

 池田理代子が1972年(当時25歳)から「マーガレット」に連載した力作を舞台  化したもので、演出はなんと長谷川一夫!! 出演は初風諄(マリー・アントワ  ネット)・大滝子(フェルゼン)・榛名由梨(オスカル)・麻生薫(アンドレ)  などでした。

 この物語は1789年のフランス革命を背景にしたものですが、初期の上演では  実はフランス王妃マリー・アントワネットとスペイン貴族フェルゼンとの愛  が主たるテーマとなっていました。私がテレビ中継で見た時もそういう筋  でした。しかし何と言っても観客の人気を集めたのが男装の麗人(?)オスカル  という存在で、後の公演ではむしろオスカルとアンドレの愛が中心になって  いきます。

 初演以来、月組以外の雪、星、花といった各組でも取り上げられ、雪組では  汀夏子、星組では鳳蘭、花組では安奈淳が初期のオスカルを演じています。
 現在でもしばしば上演されており、総観客動員数は最初の3年間だけで140万人  を越えたそうです。テレビ中継やビデオで見た人まで入れたらものすごい数に  なるのではないかと思います。

 オスカルというのは男装はしていても女性な訳ですから、女役の人が演じて  も良かったのでしょうが、男役の人に演じさせたのが、このシリーズの成功  の要因のひとつではないかという意見もあるようです。普段男性の動きばかり  演じている人故に自然にオスカルの動きが表現できる一方で、その男装の下に  見え隠れする女らしい情感をやや破綻気味に演じさせた所が、非常に真に  迫ったものになったという意見です。面白い分析だと思います。


↑ Dropped down from 今日は何の日.
(C)copyright ffortune.net 1995-2016 produced by ffortune and Lumi.
お問い合わせはこちらから