白鳥の湖

↑

七夕に向けての短期特集です。バレエの物語から7つ取り上げて簡単に紹介 します。

さて、昨日の「生ダラ」で木梨さんたちが四羽の白鳥(2人余分に入って6羽 になっていましたが)を踊っていましたが、これは「白鳥の湖」第二幕に出 てくるものです。

「白鳥の湖」はチャイコフスキーの最初のバレエ作品で、1877年モスクワの ボリショイ劇場で初演されました。

ところがこの時、若いプリマをモスクワ市長に睨まれて使えず、中年のプリ マを使わざるを得なかったこと、振付師が途中で病気でダウンし経験の少な い新人の振付師に任せざるを得なかったこと、また各幕の舞台装置の担当者 が互いに連絡を取らずにバラバラのものを作ってしまったこと....要するに スタッフと出演者に恵まれず、公演は大失敗になってしまいます。チャイコ フスキーはショックを受けて、その後13年間バレエを書きませんでした。

この「失敗作」に再度光を当てたのは、ペテルブルグ(後のレニングラード) マリインスキー劇場(現キーロフ劇場)のマリウス・プティパです。

プティパはクラシック・バレエの確立者として知られていますが、実はこの 「白鳥の湖」がまさにそのクラシック・バレエが完成した作品であるとされ ます。

プティパは弟子のイワノフとともに全曲の振付を見直し、曲も一部手直しさ せて、新たな「白鳥の湖」を構成しました。白鳥オデット役には才能豊かな ピエリーナ・レニャーニを起用。黒鳥オディールはボリショイ版を踏襲して 別のバレリーナを使う予定であったといいます。

ところが、何かの事情でこの黒鳥役が公開直前に都合が悪くなってしまった ようなのです。そこで苦肉の策として、レニャーニに黒鳥も踊らせるという ことをしました。そして、これが大成功でした。

レニャーニは当初は規定通りに踊っていたらしいのですが、何日目かの第三 幕(舞踏会で黒鳥が王子を誘惑するシーン)で突如グラン・フェッテ・アン トールナンで32回連続回転をするという大技を披露して観客の度肝を抜きま した。彼女はそれと同時に自分の名前を歴史に残し、この「白鳥の湖」をバ レエ史上最大の名作にしました。以来この作品ではオデットとオディールは 同じバレリーナが踊る習慣になっています。

第一幕 : 城の庭で成人式を明日に控えた王子が友人達と祝宴をあげている。
そこに王妃がやってきて、明日の舞踏会で婚約者を選ぶようにと 通告する。王子は気が滅入る。その時白鳥が飛んでいくのを見て、 白鳥狩りに出かける。

第二幕 : 王子は白鳥が人間の娘に変身するのを目撃して驚く。その中のオ デットが事情を説明。悪魔の呪いのため夜の間だけ人間に戻るこ とができるが誰とも愛を誓ったことのない青年が永遠の愛を誓っ てくれれば呪いは解けると語る。王子はオデットに愛を誓い、明 日の舞踏会ではオデットが来るまで婚約者は選ばないと約束する。
「アダージョ」や「四羽の白鳥」など有名な場面が多い。

第三幕 : 舞踏会。「スペインの踊り」など6人の花嫁候補が踊った後、悪 魔ロットバルトが娘のオディールをオデットそっくりに変装させ て登場する。ここでオディールが例の32回のグラン・フェッテを 披露する訳である。王子はオディールをオデットと思いこみ彼女 を婚約者に選ぶと言ってしまい愛の誓いをする。ロットバルトと オディールは大笑いして去る。王子はだまされたことを知る。

第四幕 : オデットが泣きながら戻ってくる。そこへ王子も来て詫びるが、 どうしようもない。ロットバルトが現れて早くオディールと結婚 するように言う。オデットはもはやこれまでと悲観し湖に身投げ して死んでしまう。王子もその後を追う。するとその瞬間ロット バルトは墜落。呪いは解けて娘たちは朝になっても白鳥にならず に済むようになった。朝の光の中、オデットと王子の魂が天国に 召されていくのが見える。

さて、問題はこの第四幕のラストの展開です。ここが実に様々に改変されて います。まずオデットと王子が死なずに悪魔が倒されるハッピーエンド版が あります。また王子は死ぬがオデットは助かる版があります。また二人が 死んでそのままという超悲劇的版もあります。さて、あなたの美学ではどの 展開がお好みでしょうか?


(C)copyright ffortune.net 1995-2016 produced by ffortune and Lumi.
お問い合わせはこちらから