眠りの森の美女(眠れる森の美女)

↑

この物語はヨーロッパの古い民話で、ペローやグリムの童話集にも取り上げ られています。主人公の姫には本当は名前はないのですが、バレエではオー ロラ姫という名前になっています。この名前は本当は主人公の姫が百年後に 目覚めて王子と結婚して生まれた子供の名前です。(民話のバリエーション の中には姫は目覚めず、眠ったままの姫を王子がレイプして、姫は眠ったま ま子供を産むというものもある)

このバレエはチャイコフスキーの三大バレエの一つです。前作「白鳥の湖」 の公演失敗ですっかり自信を喪失してしまったチャイコフスキーですが、そ の後13年たって、今をときめく大振付師プティバから新作バレエの作曲を依 頼されると、気を取り直してまたやってみようかという思いが湧きました。
そこで彼が前作を越える意欲を注ぎ込んで作曲したのがこの作品です。

基本的に民話をベースにしているものの、公演というものを意識して、サー ビス精神の行き届いた、楽しい作品に仕上がっています。

山岸凉子『アラベスク』にはクレール・モットー、アリシア・アロンソなど 実在の人物が何人か登場するようですが、その中で唯一?の主要登場人物、 イリーナ・コルパコワがこの「眠れる森の美女」を得意としていました。作 品中、北欧公演の所で、彼女の「眠れる森の美女」が登場します。

プロローグ フロレスタン21世の宮殿でオーロラ姫が生まれる。お祝いの宴 にやってきた妖精たちが「優しさ」「元気」などいったプレゼントをして いたが、そこに妖精カラボスがやってきて、自分だけ招待されなかったと いうことを怒り、姫は16の誕生日に糸車の針で指を刺して死んでしまうだ ろうと予言する。するとまだ贈り物をしていなかった妖精リラが、今の予 言を完全に取り消すことはできないが、姫は針に刺されて100年間眠るだけ であると訂正する。王は国中の糸車の焼却を命じる。

第一幕 オーロラ姫の16歳の誕生日。宴が開かれている。姫は階段を降りて 登場。4人の求婚者の王子から花束を受け取る。(この間ずっと姫はトウ で立ったまま。大変な所)そこへ老婆が現れて薔薇の花束を贈るが、老婆 は実はカラボスで、花束の中には針が仕込んであった。姫が倒れ、老婆は 正体を表す。人々が悲しんでいる所にリラが現れ、宮殿全体を100年の眠り につける。

第二幕 百年後、狩に出たデジレ王子が何か予感して人々を去らせ一人にな ると、そこにリラが現れてオーロラ姫の幻影を見せる。興味を持った王子 はリラに導かれて船に乗り、100年間眠ったままの宮殿へ向かう。そこで 王子はカラボスを倒し、眠っているオーロラ姫に口づけをする。すると姫 は目覚め、城全体も眠りから覚めて、王もデジレとオーロラの結婚を許す。
プロローグと第一幕の衣装が17世紀風にしてあるのに対して、この第二幕 の王子たちの衣装は18世紀風にして時間の経過を示唆している。

第三幕 オーロラ姫とデジレ王子の結婚式。そこに様々な童話の主人公がお 祝いに駆けつけて、賑やかな披露宴となる。長靴を履いた猫と白い雌猫の パ・ド・ドゥ、青い鳥とフローリナ王女のパ・ド・ドゥ、赤ずきんちゃん と狼の踊りなどなどが続き、宝石の踊りなどのあと、最後はオーロラ姫と デジレ王子の華麗なパ・ド・ドゥで締めくくる。

この作品はマリインスキー劇場で1890年に初演されましたが、当時は批評家 たちには評判がよくなかったものの、一般の観客にはウケがよくて、かなり 上演の回数を重ねたようです。このバレエの第三幕などは、はっきりいって 物語の筋と全く関係ないですが、この傾向は次の「くるみ割り人形」ではも っと進行します。ここに既に20世紀半ばに盛んになる抽象バレエの芽が出て いたのかも知れません。


(C)copyright ffortune.net 1995-2016 produced by ffortune and Lumi.
お問い合わせはこちらから