Gates,Bill (1955-) ビル・ゲイツ。 William Henry Gates Jr.  Microsoftの創業者。彼の名前を時々 William Gates II と書いている文書  があるが、彼の父も祖父も William Gates なので William Gates III と  書かなければ正しくない。父は弁護士。祖父は国立銀行の副頭取。  1955年10月28日シアトルに生まれる。彼がコンピュータと関わるようにな  ったきっかけは、1968年に彼が通っていた中学に、市内のコンピュータ・  センターの好意でTSSの端末が設置されたところからである。彼はすっかり  この「おもちゃ」に夢中になるが、使用料金は個人負担なので、いくら金持ち  の息子のBillとはいえ、お小遣いがすぐになくなってしまって困っていた。  このとき、同じように使用料金が高額になって困っている生徒がいた。  ふたつ年上のPaul Allenであり、これが二人の運命的な出会いであった。    ふたりが困っていた時、ちょうど同じ学校にいた生徒の父で市内でソフト  ハウスを経営している人がいた。その生徒の仲介で二人はそのソフトハウス  にプログラムのテスターとして雇われることになり、ここで思いっきり、  コンピュータを触っていいという環境を与えられた。やがて二人は1971年  共同でトラフォデータという会社を作ってコンピュータ関連ビジネスを始め  る(ビル16歳)が、さすがにこの会社はすぐに倒産してしまった。その後、  ポールのほうはハネウェルに入社してコンピュータの仕事を続ける。    一方のビルは別の友人とともにLogic Simulationという会社を設立して  また新しいビジネスに手を染めるが、その友人が事故死。会社はまたまた  行き詰まってしまった。そこで彼は再びポールに声を掛け、もう一緒に仕事  をしないかと誘う。ポールはハネウェルに在籍したまま、いろいろな形で  ビルに協力するようになった。    二人が再度一緒に仕事をするようになったのが1973年頃であるが、そのころ  ちまたのコンピュータ・ファンの間ではMITS社が開発したAltair(アルタイル。  英語読みはアルテア)というシステムが評判になっていた。    Altairは当時新興企業であったインテルが制作したCPUi8080を利用した  パソコンの「組み立てキット」であり、コンセプトは日本でヒットした  TK80に似ている。価格は420ドル(約12万円)で、当時利用可能であった  もっとも安い「コンピュータ」であるミニコンが数千万円していたのに  比べると破格の安さであった。    ビルとポールもこのシステムに興味を持ち、彼らはこのシステムにBASIC  を載せたらどうだろうかということを思いつく。発売後あまりの人気のため  二人は実機を入手することができなかったがポールが会社のコンピュータ  上に Altair のシミュレーションシステムを作成し、ふたりはこの上で  Altair用のBASICを開発した。    このソフトはAltair上で最初に安定して動いたソフトウェアであった。  MITS社はこのBASICの権利を30万ドル(8000万円)という高額で買ってくれた。  そこでふたりはこの資金をもとにビルにとっては3回目の会社である  Micro-Softを設立した(後にMicrosoftと改名)。  ビル・ゲイツ19歳、ポール・アレン21歳の時であった。    その後のMicrosoftとゲイツの歩みについてはMicrosoftの項参照。
Gateway ゲートウェイ。パソコンメーカー。パワーユーザーに人気がある。
gateway ゲートウェイ。ネットワーク上で複数のネツトワークを接続したり  信号・データ等の変換を行う機器・ソフトの総称。似たものを一緒にあげて  おく。    ■リピータ 単に信号を増幅するだけ。短距離しかとどかないプロトコル         のネットワークの信号線を延長するために使用する。  ■ブリッジ どこにどのマシンが接続されているかを記憶して、効率的な         制御をする接続機器。    ■ルータ  データの中身まで見て、ブリッジより高度の効率で目的地に         データを届けるもの。ただしサポートしているプロトコル         以外では使用できない。    ■ブルータ ブリッジとルータの機能を併せ持つもの。    ■ゲートウェイ 異なるプロトコル間の変換などまでこなすもの。
gateway_script ブラウザからの入力を受けてWWWサーバ上で動くプログラム  の総称。CGIはその代表的なものである。
GATT (General Agreement on Tariffs and Trade) 関税及び貿易に関する  一般協定。
GB (Giba Byte) ギガバイト。10億バイト。1000MB。  →GiB
GB (Giba bit) ギガビット。10億ビット。1000MB。  ギガバイトのGBと区別するために Gb と書く人もいる。
GB (Game Boy) →Game Boy
GB (Great Britain) イギリスの大ブリテン島。
GB アメリカ軍の「サリンガス」に対するコード名。
GBA → Game Boy Advance
GBDe (Global Business Dialogue on E-commerce) 電子商取引に関する規制  などについて協議する日米欧を中心とした民間団体。
Gbps (Giba Bit Per Second) データ転送速度の単位で1秒間に10億ビット  転送できることを表す。1000Mbps.  →bps
GC (Garbage Collecting) メモリの再編成。ひとつのコンピュータで多数の  プログラムの起動・終了を繰り返していると、次第に空きメモリが少しずつ  あちこちに散らばっている状態になってしまう。すると例えば合計では  60MB空いているのに、連続した空きの最大は4MBしかない、などといった状態  になり、これでは例えば20MBのプログラムを起動することが出来ない。  そこでシステムでは随時稼働中のプログラムのメモリを移動させて、空きが  連続するように調整作業を行う。これを「塵を集めてまとめる」という意味で  Garbage Collectingというのである。    Garbage Collectingが行われた場合、プログラム内で使用していたポインタが  無効になっている場合があるのでプログラマ側の注意が必要である。
GC →Game Cube
GCA (Graphic Communication Assosiation) XMLの普及活動を行っている  アメリカの非営利組織。
GCC (GCC Technology) アメリカの周辺機器メーカー。パソコン用のハード  ディスクやプリンタを販売している。
GCC (Gulf Cooperation Council) 湾岸協力会議。
gcc (GNU C Compiler) GNUプロジェクトで配布されているUNIX用Cコンパイラ。  現在国内で使用されているインターネツトのWWWサーバー上のCGIの5%程度  は gcc で作成されているものと思われる(90%くらいが Perl)。    gccは多くのプロバイダでは /usr/local/bin/gcc で参照できる。よく使用さ  れるオプションは下記である。     -o 出力ファイル名指定。指定しないとソースの拡張子をoutに変えたもの。   -c コンパイルのみでリンクしない。(複数のソースで構成される場合用)   -l ライブラリの指定。  1本のソースからコンパイルしてリンクまでする場合は  /usr/local/bin/gcc -o program.cgi program.c  などといった指定でよい。    なお、gccを更にc++に拡張したものがg++である。
GCD (Greatest Common Divisor) 最大公約数。GCMとも。
GCM (Greatest Common Measure) 最大公約数。GCDとも。  →LCM
GCR マックの400K,800Kのフロッピーで使用されている記録方式。  →FD
GCR (Group Code Recording) デジタル情報を記録する時の方式のひとつで  データを4ビット単位に分解し、これを5ビットに変換して書き込む。この  とき、0が3個以上連続しないようにして誤読を防止する。
G-cubed (Global Gateway Group) Gの3乗ということでG-cubed。  K3(KKK,管理工学研究所), 3M(Minesota Mining and Manufacturing),  などと同じ発想である。アメリカのプロバイダ団体で、相互接続の  保証のための活動を行っている。