Excel Microsoftが開発・販売してる表計算ソフト。1999年現在この分  野ではトップシェアを誇る。正式にはMicrosoft Excel。  表計算ソフトはPersonal SoftwareのVisiCalcが全ての出発点である。  その後、Microsoftは MSDOS上のMulti Planで一時代を築いた。しかし  ここにLotusLotus 1-2-3が登場。その強力なパワーと総合能力で  あっという間に人気を確保。たちまちシェア逆転して、最終的に MSDOS  では Lotus 1-2-3 の勝利で終わった。    一方MicrosoftはMacintosh環境で、そのビジュアルなインターフェイス  をふんだんに利用した Excel(本項)を制作。人気を博した。当時、雑誌  などで、MSDOS+123とMac+Excel ではどちらが上か?などという記事が  よく書かれた。  Excelは1985年に発売され、最初はMacintosh上のみで動いていたが、  1987年にWindows2.0が発売されると、早々にWindowsにも移植された。  しかしこの最初のWindows版Excelは、お金をもらっても使いたくない  ほど、ひどく重たいソフトであった。しかし、Windows3.0が発売され  た1990年には、Macintosh版並みに使える快適なソフトに変身していた。  その後、Excelの開発コードはWindows版とMacintosh版とが統合され、  両者は同じほぼ機能を使えるようになり、1997年版以降は、ファイル  の形式も統一されて、両方の環境を使っている人たちに福音をもたら  した。
Exchange Microsoftが開発・販売している電子メール管理機能を持つ  グループウェア。LotusNotesの対抗製品ということになるが、  この分野の市場はまだ成熟していない。  電子メール管理、スケジュール管理、電子会議、文書データベースな  どの機能を持っている。  →グループウェア。
Excite エキサイト社、及び同社が運営していたポータルサイト。  WWW検査サービス、無料のメールアカウントを取得できるサービス、  チャット、自分用のリンク集・カレンダー・住所録を編集できる機能  などを持っていた。    Excite社は2001年11月に破産。InfoSpace社が同社の資産を取得して  事業を継続している。
Executive WindowsNTにおいて、種々のサービスを提供するコンポーネン  ト。入出力マネージャーや仮想記憶マネージャーなども Executiveである。  Excecutiveの中で、ユーザーモードからも呼び出せるものをシステム・  サービスという。
EXE (Execute) MSDOS/Windowsの実行形式ファイル(オブジェクト・プログ  ラム)の形式のひとつ。Windowsではほとんどのソフトが(表面上)EXE形式で  ある。  MSDOSではCOMEXEという2つのプログラム形式が存在した。インテル  のCPUでは、コード(プログラム)部を管理するベースレジスタとして  CS, データ部を管理するベースレジスタとしてDS を使用する。  COM形式では、CSとDSが一致していることを仮定し、しかもその変更を許可  しない。ひとつのベースレジスタからのオフセットは 16ビットアドレス  なので 65536バイト、つまり64KBとなる。つまり、COM形式ではプログラム  はコード部・データ部合わせて64KB内でなければならない。  (むろん直接システムを呼び出せばその外側も使える)  これに対して、EXE形式ではCSとDSは一致しなくてよく、また最大64KBの  バイトのかたまりであるセグメントを何個も持つことができる。CS,DS  は各セグメントの中では変更できないが、他のセグメントを参照したり、  ジャンプすることによって、最大640KBまで(マシンによっては768KBまで)  のメモリー空間を利用できる。  COM形式のプログラム・ファイルはファイルの先頭からいきなり機械語の  命令が始まっているが、EXE形式の場合は先頭256バイトに管理用のヘッダ  を持っていて、実際のプログラムは CS:0100 から始まる。  Windows用のEXEファイルは実際にはMSDOS用の上記形式のEXEプログラムと  実際のWindows用の命令が書かれたWindowsプログラムとが貼り合わされた  構造をしている。これはMacintoshのFatBinaryと似た形式である。但し  ほとんどのソフトのEXE部分は「このプログラムはWindowsの配下で動かし  て下さい」と表示するソフトを使用しており、MSDOSでもきちんとソフト  を動かしているものは、めったに見ない。
Exif (EXchangeable Image File) デジタルカメラ用の標準画像形式。1994  年に富士写真フィルムが提唱して、1995年に最初のバージョンが策定され  た。現在はこれが発展したDCFが使用されている。  →デジカメ
Exim Philip Hazelが開発したメール配信ソフト。UNIX用。
Expanded_Book エキスパンド・ブック。Voyger社が開発した電子出版用の  ファイル形式、およびそれを製作するためのソフト。  →電子出版
expat 比較的よく使われているXMLパーサーの名前。開発者はJames Clark。  →XML::Parser
Explorer Windows95で搭載され、その後のWindowsNT4.0, Windows98,  Windows2000, WindowsMe, Windows Xp で標準となっているユーザー  インターフェイス。MacintoshのFinderに相当する。    それまでのWindowsで使用されていたFile ManagerProgram Manager  が一体化されており、直感的な操作で目的のファイルやプログラムを  見付けることが出来る。    Explorerの見え方にはふたつのモードがあり、ひとつはスタートメニュー  からアクセサリ/エクスプローラと選んだ場合で、一般にはこれを通常  「エクスプローラ」と呼んでいる。    もうひとつがWindows95で初期表示されているデスクトップからアイコン  のクリックによっていろいろなファイルを開いていくもので、こちらには  明確な名前が出ていないが、これも紛れもなくエクスプローラなのである。    このインターフェイスはWindows98以降はInternet Explorerと一体化  され、パソコンのローカルディスクの中の資源とネット上の資源とを  同じように管理することができるようになった。    →Internet_Explorer
Explorer_Bar ExplorerInternet_Explorerのウィンドウに付いている  「戻る」「進む」「更新」などのボタンが付いたバー。
Exponential_X704 Exponential Technology社が開発したPowerPC704互換  プロセッサ。
Expression Metacreations社が開発したドロー系のグラフィックソフト。
Ext2 (EXTended file system 2) Linuxの標準ファイルシステム。  255文字までのファイル名を扱え、ファイルサイズは2GB, ディスクは  4TBまで対応している。    Linuxは初期の段階にはベースとしたMINIXのファイルシステムを使用し  ていたが、機能的に不足していたため、Extファイルシステムが作られ、  その後 Ext2 に移行した。
extension →拡張子
Extension 機能拡張書類。マッキントッシュのOSに各種の機能を追加する  モジュール。アップル純正のものと、色々なソトフメーカーやソフト作者  が作成したものがある。
ExtensionManager 機能拡張マネージャー。マッキントッシュに標準装備さ  れているユーティリティ。マッキントッシュの利用者は一般に多数の機能  拡張書類を入れて、環境をカスタマイズしているが、しばしば「相性の  悪い」機能拡張書類があり、同時に入れるとシステムがトラブルを起こし  たり、最悪マシンが立ち上がらなくなることがある。そのため、機能拡張  マネージャーでは、それらの書類を外したり保留にしたり、してトラブル  を解決するための支援をしてくれる。
Extreme_3D Macromedia社が開発販売していた3Dグラフィックソフト。  非常に安価な価格設定をしたことと大量DMを掛けたことで、今まで3Dを  やっていなかった人もこのソフトで始めたケースも多い。ただし操作まで  素人向けではなかったので買った人の大半は挫折したものと思われる。