DVDの規格Book 
 DVDの規格の内+RW/R以外の規格はDVDフォーラムが策定している。 
 同フォーラムでは下記の規格を BOOK として公開している。 
 (1)Read-Only-Disc用の仕様 
   DVD-ROM (通称Book A), DVD-Video(通称Book B), DVD-Audio(通称Book C) 
 (2)Recordable Disc用の仕様 
   DVD-R 3.9G(通称Book D), DVD-R for General, DVD-R for Authoring 
 (3)Rewritable Disc用の仕様 
   DVD-RAM 2.6G(通称Book E), DVD-RAM 4.7G 
 (4)Re-recordable Disc用の仕様 
   DVD-RW 
 (5)DVD-RAM/RW/R 用のフォーマット仕様 
   DVD Video Recording, DVD Stream Recording 

DVDの構造仕様   DVDは片面か両面かと記録層の数で下記のように分類される。   DVD-5 片面1層  4.7 GB(120mm), 1.4GB(80mm) 映画記録2h   DVD-9 片面2層  8.54GB(120mm), 2.6GB(80mm) 映画記録4h   DVD-10 両面1層  9.4 GB(120mm), 2.8GB(80mm) 映画記録4.5h   DVD-18 両面2層 17.08GB(120mm), 5.2GB(80mm) 映画記録8h   DVD-Rは片面1層で当初は3.95GBであったが現在は4.7GBまで記録できる。   DVD-RWは片面1層で4.7GBである。(3.95GBは無い)   DVD-RAMは片面1層から両面2層まで4種類あり2.6GB〜9.4GB。   DVD+RWは片面1層で当初は3.0GBであったが現在は4.7GBまで記録できる。   DVD+Rは片面1層で4.7GBである。
DVDの次   現在「DVDの次」に来る光ディスクの規格策定作業が進んでいる。   現在のところ下記の2つが有力である。   (1)Blu-ray Disc    Sony,松下,日立,パイオニア,LG電子,ロイヤルフィリップス,    サムスン,シャープ,トムソンの9社が推進している。    片面1層で23〜27GB。現在ソニーが2層化して54GBにする研究を    おこなっている。    なお blue-ray ではなく blu-ray と書く。     (2)AOD    東芝とNECが開発中の光ディスク    Blu-ray Discが現行のDVDと全く互換性がないのに対して東芝と    NECは互換性を維持したものを開発中である。容量は再生専用の    場合で片面1層15GB,2層30GB, 書換可能型で片面1層20GB,2層40GB    となる。
DVDの次の次 DVDの次世代の光ディスクは青色レーザーで開発が進んでいる  わけだが、その次は更に波長を短くして紫外線レーザーになると考えられて  いる。2003年現在既に日立などが業務用に紫外線レーザーの光ディスクを  販売しているが、一般の規格が策定されるのは、blu-rayが製品として完成  したあとになるものと思われる。
DVDの記録装置  DVDの記録用の機器については、主として下記のものがある。  DVD-R/RW, DVD+RW/+R, DVD-RAM/R, DVD-Multi    各々で記録再生できるメディアは下記の通りである。     ○:読み書きOK  P:再生可能  △:再生に多少問題あり ×:再生不可           DVD-RW DVD-R DVD+RW DVD+R DVD-ROM DVD-RAM CD-RW CD-R  DVD-R/-RW ○   ○  △   △  P   ×   ○  ○  DVD+RW/+R P   P  ○   ○  P   ×   ○  ○  DVD-RAM/R P   ○  ×   ×  P   ○   P  P  DVD-Multi ○   ○  P   P  P   ○   ○  ○  DVD±RW  ○   ○  ○   ○  P   ×   ?  ?  DVD-ROM  P   P  △   △  P   △   P  P  DVD-Player △   P  △   P  P   ×   ×  P  プレステ2 ×   P  ×   P  P   ×   ×  P    ※DVD±RWは2002年時点ではまだ未発売である。  ※この表は各メーカーの発表、雑誌の評価記事、ネット上の掲示板系の   情報などを元に構成しましたが、誤りがあると思われる場合は、ぜひ   情報をください。
DVDのリージョンコード そのDVDがどの国で再生できるかをを指定した   コード。映画を記録したDVD(DVD-Video)では、映画業界の要請により   そのメディア上に記録されたリージョンコードに対応したDVDプレイヤー   でしか再生ができないようになっている。(正確にいえばメディアと   装置と再生ソフトのリージョンコードが全て一致する必要がある)     DVDプレイヤー側のリージョンコードは消費者側では簡単に変更でき   ない仕組みになっているので、国によって封切り日が違う映画を、   外国からDVDを個人的に直輸入して先行して見たりすることはできない。   メディア側のリージョンコードは複数設定できるので、制作者側が   この問題を気にしないのであれば最初から全てのリージョンコードを   許可をしておけばひとつのメディアがどこの国で販売されているDVD   プレイヤーでも再生できる。なお、リージョンコードは下記のように   定められている。   1 USA,Canada   2 日本,ヨーロッパ,中東,エジプト,南アフリカ   3 韓国,台湾,香港,東アジア,東南アジア   4 オーストラリア,中米,南米,カリブ諸国   5 旧ソ連諸国,北朝鮮,モンゴル,南アジア,アフリカ   6 中国   7 未使用   8 特殊用途   詳しくは下記参照   http://www.dvdforum.gr.jp/region%20table.pdf   なお、日本とヨーロッパのリージョンコードか同じではあるが   ヨーロッパで発売されたDVDは映像の記録方式が日本やアメリカで   行われているNTSCではないので、ヨーロッパからDVDを個人的に   直輸入しても、そちらの映像方式に対応したテレビを持っていな   い限り見ることはできない。
DVDフォーラム (DVD Dorum) DVDの規格を策定している団体。   DVD-ROM,DVD-R,DVD-RW,DVD-RAM などの規格を定めた。   200社を越えるメーカーが参加している。   http://www.dvdforum.org   現在下記のWork Groupがある。   WG1 DVD-Video   WG2 DVD-ROM   WG3 File Format   WG4 DVD-Audio   WG5 DVD-RAM   WG6 DVD-R/RW   WG9 Copy Protection   WG10 Professional-use Application  →DVD+RWアライアンス