DLR (Deutsche forschungstalt fur Luft und R) ドイツ航空宇宙研究所。 

DLS (DownLoadable Sounds) MMAが制定したMIDIの音色データの標準  規格。
DLT (Digital Linear Tape) DECが開発し現在Quantumが開発継続中の  テープ装置。現在、10GB/15GB/35GBの製品を提供しており、100GBの  Super_DLTも出るもよう。たいへん大きな容量であるため、サーバー  のバックアップなどに使用されている。  →DDS,ストリーマ
DM (Delta Modulation) DPCMにおいて、サンプリング周波数を非常に  高くして、音のレベルの差分を +1/-1 のみで記録する方法。
DM (Direct Mail) 各種の企業から消費者に大量に発送される郵便物、ある  いは電子メール。あらかじめその企業に登録してくれた消費者に送る場合  と、なんらかの名簿にもとづき無差別に送る場合があるが、一般に後者は  しばしば社会問題となる。  名簿業者というものが存在し、いろいろな学校の卒業生名簿を買い取って  いる。また企業の顧客管理に携わっている社員が不正に顧客名簿を横流し  しているケースもしばしばある。また、アンケートなどで集まったハガキ  などをそういう所に売りつけている、とんでもない企業も存在する。  電子メールの世界では、無差別メールはspamと呼ばれて嫌われ、spam  からの防御の体制を取ろうとしているところも多い。    →個人情報保護法
dm (deci metre) デシメートル。0.1メートル。10cm
Dm (deca metre) デカメートル。10メートル。damとも書く。  →Hm
DM (Diploma Mill / Degree Mill) 学位販売業者。大学のような名前を使い、  数十万円から数百万円の「授業料」と簡単な論文の提出で、学士や博士号  を安易に発行している機関。イオンド大学やパシフィック・ウエスタン大学  (Pacific Western University,後にAmerican PacWest International University  と改名)、ハミルトン大学、などは有名。最近はこの手の「大学」の名前のブラックリストが出回り始め  たため、業者によっては次々と名前を変えているものもあり、実態はなかなか  つかめない。
DM (Diabetes Mellitus) 糖尿病
DM (Development Model) 開発モデル
DM (Deutsche Mark) ドイツ・マルク
DM (Decimal Multiply) 十進乗算
DMA (Direct Memory Acess) 周辺部品がCPUを通さずに自分でメモリを  アクセスすること。一般にデータの高速転送に使用する。
D-MAIL (Denpo Mail?) NTTが運用している、インターネットで電報を受け付  けるシステム。
DMCA (Digital Millennium Copyright Act) デジタルミレニアム著作権法。  アメリカで1998年10月8日に施行されたデジタルメディア上の著作権侵害を  可能にする技術の所有・配布を禁止する法律。    この法律ではデジタル的に保護されたソフトウェアやデジタルコンテンツの  プロテクト破りをして中身を見る行為を開発すること自体が禁止され、  warezのような行為を法的に違法とする根拠が得られたことは大きい。  しかしこの法律は当初から乱用する権利者が異様に多く、新たな問題を  起こしている。セキュリティの甘い所をチェックして企業に注意している  ような団体がDMCA違反で訴えられたり、企業の不正を告発するサイトが  当該企業から訴えられたりなど、企業側の倫理観の喪失を嘆くしかない  ような事例が相次ぎ、また言論の自由に対する侵害であるとして反発する  人が増加している。更には、架空の権利者名でDMCA違反を名目に個人情報  の収集を試みるものが出現するなど、様々な弊害が出てきている。
DMD (Digital Micromirror Device) IC上に細かな鏡(マイクロミラー)を敷  き詰めた装置で電気制御により鏡の向く方角を高精度制御する。投写型の  ディスプレイに使用する。  →DLP
DMI (Desktop Management Interface) サーバーからクライアントマシンの  環境を一元管理する規格。DMTFが定義した。
DML (Data Manipulation Language) データベースのデータ操作言語。
DMOS (Double diffusion MOS) 二重拡散MOS。
DMT (Discrete Multi Tone) xDSLで使用されている変調方式。
DMT (Desoxy-Methyl Testosterone) ドーピングに使用されるステロイド剤  の一種。2005年2月に発見された。
DMTF (Distributed Management Task Force) DMIの規格を決めている所。  マイクロソフト、IBM、インテルなど多くの企業が参加している。
DMTN (Double Metal Twisted Nematic) MIM方式の液晶パネルのこと。
DMZ (DeMilitarized Zone) 非武装地帯。ネットワークにおいて、インタ  ーネツトからも内部のLANからもファイヤーウォールによって守られてい  る領域。外部に公開するサーバーを置くのに適切な場所である。
DNA (Distributed Network Architecture) マイクロソフトがWindows2000  のどこかの段階で実装する予定の、XMLベースの分散アプリケーション環境。
DNA (Digital News Archives) 朝日新聞の新聞記事データベース。  アサヒコム・パーフェクトから利用できる。
DNA (Deoxy ribo Nucleic Acid) デオキシリボ核酸。
DNA (Defence Nuclear Agency) 国防核兵器局。
DNP (Dai Nippon Printing) 大日本印刷。
DNS (Domain Name System) インターネット上の名前(URL)をIPアドレス  に解決する仕組。    世界中のインターネットのマシンは例えば 198.143.153.188 などといった  8ビット×4の合計32ビットで記述されるIPアドレスで管理されているが、  これをいちいち覚えておくのはたいへんなので、一般には www.ffortune.net  などといった URLで記述している。そこで、URLで問い合わせられた時に  これをIPアドレスに変換して、そのサーバーの場所を探し出すのがこの  DNSの仕組みである。  →IPV6
DNSサーバー (DNS Server) DNSを実行しているサーバー。ドメインごと  に階層状に動作している。たとえば、www.nifty.ne.jp という URLは最初  JPドメインを管理しているDNSサーバーに問い合わされ、それから NE.JP  ドメインのDNSサーバーに問い合わされ、NIFTY.NE.JP のDNSサーバーまで  来て、IPアドレスが判明する。
DNS_Update =Dynamic DNS
DOA (Dead Or Alive) テクモ・Team NINJAが制作した忍者をモチーフと  した格闘ゲーム。様々な忍者が出てくることでもコスプレ人気も高い。
DOC (DOCument) 文書ファイルの拡張子。一般にはワープロソフトのファ  イル形式であるが、テキストファイルの場合もある。一般的な拡張子な  ので、特定のソフトと結びついている訳ではない。ただし最近のワープ  ロソフトはお互いに代表的なワープロの文書を読めるようになっている  ので、大きな問題は無い。