VSOP (VLBI Space Observatory Programme) 超長基線電波干渉計(VLBI)を 
 使用した宇宙観測プロジェクト 

V/STOL (Vertical/Short Take-Off Landing aricraft) 垂直短距離離着陸機。   VTOLとしてもSTOLとしても使える飛行機。
VSYNC (Vertical SYNChronizing signal) 垂直同期信号  →テレビの仕組
VT (Vacuum Tube) 真空管。
VT (Video Tape) ビデオテープ。
VT (Vertical Tab) 垂直タブ。  →HT
VT Vanderpoolの略称。
VT-100 (Video Terminal 100) DECVAX11用に開発したミニコン用端末。  基本的にその後のミニコン・パソコン系のディスプレイの制御方式はこれ  に準じており、パソコン通信で使用されたTTY(テレタイプ方式)という  のも、これとほとんど同じような物である。TELNETでインターネットの  ホストに接続する場合も、だいたいこのVT-100方式を使用する。
VTAM (Virtual Telecommunications Access Method)  通信システムの資源を共用する方法
V-Text (Valuable Text) DOS/Vマシン(のMSDOSモード)で通常よりも多い  行数の文字を表示するソフト。元々は Hi-Text と呼ばれていたが、後に  日本IBMがPC-DOS6.1V を出したときにバンドルして、V-Textの名称にした。    Windows時代からパソコンを使い始めた人にはこういう概念は理解できない  かも知れないが、MSDOSというOSでは、文字の書体・サイズは一種類しかなく、  画面に表示できる量も固定だったのである。
VTOL (Vertical Take Off and Landing) 垂直離着陸機。  ヘリコプターのように垂直に離陸して、上空で平行飛行に移れる飛行機。  →STOL
VTR (Video Tape Recorder) ビデオテープ録画装置。
VTune インテルが提供する、インテルCPU向けのソフトを開発するためのツール。
V-Twin アップルが開発した検索エンジン。
VTX (VideoTeX) ビデオテックス。1980年代に注目された、電話回線を通して  文字や画像を送受信する仕組みで、電電公社(現NTT)のCAPTAIN,アメリカ  のNAPLPS, ヨーロッパのCEPTがあった。  今となっては完璧に古くなった技術であるが当時は回線速度は300bpsから  1200bpsになってきた時代で(1200Kbpsではない)、当時画像の転送というの  はひじょうに厳しかったのである。CAPTAINの場合特殊なプロトコルで4800bps  の転送を実現してこの仕組みを作ったが、やはり一般の人にはそれでも  「ものすごく遅い」というイメージしかなく、また完全にオープンな技術では  なかったため、サービスを提供する企業や団体が現れず、公共サービスの類や  一部大企業の「利益還元」サービス的なものしかなく、逆にそれが魅力ない  ものと消費者には感じられて結局普及しなかった。他の国でも事情は似たよう  なものであったようである。
VUV (Vacuum Ultra Violet) →FUV
v.v. (vice versa) 逆もまた真なり。
VVSOP (Very Very Superior Old Pale) ブランデーの最上級のランク。  →VSOP
VW (Volks Wagen) ドイツの大衆車。ヒットラーが国民が誰でも買える車を  とのことで計画し、フェルディナンド・ポルシェが開発した。ヒットラーの  三大遺産のひとつ。またその車を生産販売しているメーカー。
VX (Venom Toxic) 毒ガスの一種。近年ではオウム真理教がテロに使用して  注目された。神経ガスの一種で無色無臭の液体だが酸素に触れると急速に  ガス化し、肌に10ミリグラム付いただけで成人男性が死亡する。
VxD (Virtual x device Driver) Windows3.1以降で使用されている32ビット  のデバイスドライバーの形式で「仮想デバイスドライバー」とも。xは装置  の種類を表していて、ディスプレイなら VDD, プリンタならVPD。
VxWORKS Wind River社の組み込み機器向けOS。信頼性がひじょうに高く、  航空宇宙分野や防衛分野などで使用されている。最近では一般の産業機器  などでも使用されるようになってきた。
VZ MSDOS用のテキストエディタ。初期の段階ではフリーウェアであったが、  ユーザーが増えすぎてサポートが作者個人では出来なくなった為、ビレッジ  センターに移管して(当時としては)低価格の1万円弱で販売、サポート体制を  整えた。  MSDOS用のテキストエディタとしては1にMIFES, 2にFinalというのがあった  が、どちらも当時3〜4万円していたので、VZの安さは目を引いた。そして、  あっという間にMSDOSの主力エディタの座をMIFESから奪い取った。  MIFESよりVZを利用者が選んだのは、安さというものもあるがそれ以上に軽さ  という問題がある。MIFESは度重なるバージョンアップによって機能は充実  していたが、かなり重たくなっていた。しかしVZはそのほとんどをアセンブラ  で書いていることもあり、非常に軽いソフトであった。しかもエディタを使う  ような人は概して中級者以上なので、たいていワープロソフトのような丁寧な  機能は求めておらず、それよりも軽いこととカスタマイズの容易さを選んだの  であった。    ビレッジセンターはWindows時代に入ると WZ を出したが、こちらは必ずしも  Windows用のエディタの本命にはならず、Windows95が出てから7年もたった  今でも、日本語版テキストエディタには絶対的なナンバーワンが存在しない。
【W】
W (Waist) ウェスト。
W (Watt) ワット。電力の単位。
W (Weight) 重さ。
W (West) 西。
W (Width) 幅。
W杯 (World Cup) ワールドカップ
Wリーグ (Women's リーグ) 日本の女子プロバスケットボールのリーグ。  運営団体はWJBL。なお男子のプロリーグは2016年以降Bリーグである。
w@rez →warez
W05K auの通信専用カード。受信最大3.1Mbps、送信最大1.8Mbps。  ただし大きな画像を受信するなど高負荷の通信を連続して行った場合、  自動的に通信制限が掛かるようになっている。  契約上は携帯電話1台の契約となり、固有の電話番号が割り当てられるが、  通常の通話はおこなうことができない。パソコンのCFスロットまたは  PCカードスロットに装着して通信する。基本的には定額制  (Packet Win シングル,月2625〜6930円)で使用する。    外出先からパソコンで通信する場合、都会ではWillcomやemobile  などの通信機器が使用できるが、田舎では通話可能区域が限られるため  auの携帯がつながる場所なら通信できるW05Kは、移動の多い通信者に  とっては、ひじょうに心強いのである。    なお最近のPCカードスロットの無いパソコンでは無保証ではあるが  USB接続ケーブルを介して通信ができたという報告も上がっている。