Athlon4 AthlonシリーズのCPUのひとつ。Palominoのコアを使用している。 
 詳しくはAthlonの項参照。 
  
 なおAthlon4 の 4 は Pentium4 に対抗して付けられたものであり、 
 Athlon2 とか Athlon3 といった製品は存在しない。 

Athlon_64 Athlonシリーズの最初の64bit CPU。開発コードネームClawHammer又は  単にHammer。サーバー向けの製品Opteron (開発コードネームSledgeHammer)の  下位に当たるが、これは通常のデスクトップパソコン用のCPUである。  DECのAlphaやインテルとHPのItaniumがサーバー用製品と位置づけられて  いるのに対して、初めて消費者レベルに64bitを持ってきたことになる。
Athlon_MP AthlonシリーズのCPUのひとつ。マルチプロセッサに対応した製品。  Athlon XPのほうは(公式には)マルチプロセッサにできない。  基本的にはAthlon XPと同様に、Palomino,Thoroughbredのコアを使用して  いる。詳しくはAthlonの項参照。
Athlon_XP AthlonシリーズのCPUのひとつ。Palomino,Thoroughbredのコア  を使用している。詳しくはAthlonの項参照。
ATI (ATI Technology Inc.) ビデオカードなどを製作するカナダの企業。  RadeonなどのGPUで有名。2006年にAMDに買収された。
ATL (Active-X Template Library) マイクロソフトが提供するライブラリ  でMFCより軽いのが特徴。COM向けである。
ATL (Adult T-cell Leukemia) 成人性T細胞白血病。
ATL (Anti Trust Law) 独占禁止法。
Atlas Netscape Navigator 3.0 の開発コードネーム
Atlus →アトラス
ATM (Automated Teller Machine) 現金自動預金・支払機。  →CD,EFT
ATM (Anti Tank Missile) 対戦車ミサイル
ATM (Asynchronous Transfer Mode) 非同期通信モード。LANや広帯域ISDN  などで用いられる物理層のデータ交換方式。1990年にCCITTの基本勧告が  出た。情報をATMセルと呼ばれる固定長パケットに区切って伝送する。
ATM (Adobe Type Manager) Adobeのソフトで、画面やプリンタの文字  の表示をベクトルフォントで行なうフロントプロセッサ。Photoshopには  標準搭載されている。  →Adobe_Type_Manager
ATML (Advanced Telecommunication Markup Language) アステル東京が開発  した、携帯電話向けのWWW記述言語。
ATOK (Advanced Technology Of Kana-kanji transfer) ジャストシステム  が販売する日本語入力ソフト。同社のワープロ一太郎などに同梱されて  いる。MSDOSから出発して現在は Windows, MacOS, Java, Linux  など多くのプラットフォームに対応する。その変換の正確性と操作性に  おいて、他の追従を許さないひじょうによくできたソフトである。  以前はひょっとしたら Automatic Transfer Of Kana-kanji だったかも。  また Ank TO Kanji という俗説もある。またAwaTOKushima という俗説もある。  →日本語入力ソフト
ATOM  インテルがモバイルPC向けに製造しているx86CPU。  この名前は当初Centrinoの下位版ということで Centrino Atom と呼ばれた  CPUから独立して、単に ATOMという名前になったのではないかと思われる。    Windows Vistaが極めて不評な中、ATOMを搭載した小型のモバイルPCには  Windows XPのインストールが認められていたため、Windows 7が市場に  登場するまでの間、XPを使いたいがためにATOM搭載のPCを買う人達がかなり  出た。そのため ATOM搭載のPCはインテルの予想を大きく超えて売れて、  ネットブックブームが到来した。    元々インテルはARM系のCPUXSCALEを小型機器用として推進していた。  しかしインテルのPentium系に慣れている開発者にはARMはなじみが薄く  とっつきにくい。そこでXSCALEは放棄(2006年にMarvell社に売却)して  新たにIA構造の低電力CPUを制作した。    そうして出来たのがLPIA(Low Power IA)と呼ばれるStealey(A100/A110)  で、ATOMはその後継CPUである。    ■ATOMの開発コードネーム   Silverthorne 2008年 ATOM Z5xx MID向け。   Diamondville 2008年 ATOM N2xx/2xx/3xx ネットブック向け。   Lincroft   2010年 ATOM Z6xx MID向け。   Pineview   2010年 ATOM N4xx/D4xx/D5xx ネットブック向け。
ATOS (Autonomous decentralized Transport Operation control System)  JR東日本が東京近辺の路線に導入している列車運行管理システム。日立製作所  と共同で開発され1996年から導入が始まった。当初はシステムのバグや運用の  不慣れなどから大規模な混乱を引き起こしたが、その後改訂が進み安定すると  ともに、適用路線も拡大している。    列車が何分遅れているというのをホームに表示できるほか、遅延に伴い発車順  を変更したり、ポイントの自動切り替えなどを行える。  →SH
ATRAC (Adaptive TRansform Acoustic Coding) MDで使用している音声  圧縮技術。CDに比べてデータ量が5分の1くらいになる。
ATS (Automatic Train Stopper) 自動列車停止装置  →ATC
ATSC (Advanced Television Systems Committee) アメリカのデジタルテレ  ビ放送の規格を決める委員会。
ATSUI (Apple Type Service for Unicode Imaging) MacOS8.5から搭載さ  れたテキスト・サービス。Unicodeをベースにしているので、拡張書類  無しで起動してもメッセージを読むことができるようになった。
AT&T (American Telephone and Telegraph Corporation) 米国電信電話会社。  1984年に分割されたがそれでも従業員数十万人の巨大企業。傘下にUNIXを  生んだベル研究所を持っていた。  →Lucent
ATTESA (Advanced Total Traction Engeneering System for All)  四輪駆動力最適配分システム。日産自動車の四輪駆動制御システム。
ATV (Advanced Television) アメリカの次世代テレビ規格。走査線1080本。  2:1のインターレース方式、MPEG2圧縮などを行う。
ATVEF (Advanced TeleVision Enhancement Forum) 次世代のデータ放送に  ついて検討しているアメリカの団体。NBC,CNN,マイクロソフト,インテル,  ソニーなどが参加している。
At_Work マイクロソフトが1993年に提唱したオフィスシステムのための  アーキテクチュア。ファクシミリや電話機・コピー機などの操作性の  統一を図ったもので日米欧の70社ほどが参加したが、作業は遅々とし  て進まず自然消滅。