PC/AT互換機 PC/ATの上位互換機のことで、現在の世界のパソコンのほと  んどを占めている事実上の標準仕様である。これと違う仕様で動いている  のは大企業などのホストマシンとして使用されている大型機や、ネットワ  ークのサーバーとして使用されているSPARCマシン、それからAppleが  販売しているMacintosh、くらいである。  元々のPC/ATはインテルの80286という16ビットCPUを搭載していたが、現実  には現在多くのソフトが要求している仕様としては 80286の上位CPUである  32ビットCPU・Pentiumの第二世代(P54C)以降のもの、及びその上位互換  CPU(AMDなど)ということになっている。音楽や映像などのリアルタイム処理が  必要ないソフトであれば80286の次の、インテルの最初の32ビットCPUである  i386や、その次のi486でも何とか動作する可能性はある。  またハード的にもPC/ATはISAという周辺機器接続用のボード規格であった  が、現在ではこの仕様のボードはほとんど販売されておらず、PCIという  新しいボード規格か、PCMCIA,CardBusなどといった規格のPC Cardの  スロットを装備していなければならない。  またディスプレイもPC/ATでは640x480ドットのVGAという規格であったが、  現在でも一応640x480でも使えることは使えるし、PDAなどではこの仕様の  ものもあるが、通常のパソコンの場合1024x768以上の解像度をもつものが  一般的である。  国際的に普及したPC/AT互換機であるが、日本国内での販売・普及にはかなり  の紆余曲折があった。日本とイタリアが最も普及に時間がかかったらしい。  これは日本では日本電気のPC9801, イタリアではオリベッティのマシンが  普及していて、なかなかPC/AT互換機がそれに対抗できなかったことによる。  イタリアのケースは私もよく知らないが、日本の場合問題になったのが  日本語の処理である。日本電気のPC9801はパソコンで日本語を表示する為  漢字の書体をROMに持っていた。また同時期に他の国内パソコンメーカー  から発売されていたパソコンも同様の手法であった。  そこで一時期、PC/ATにも同様に漢字ROMを搭載する方法がとられた。これ  はAXと呼ばれ、日本電気以外の多くの国内パソコンメーカーがこの仕様  のパソコンを出荷したが、実際にはソフトメーカーがなかなか対応してく  れず、価格的に十分PC9801に対抗できたわけでもなく、結果的にAXは失敗  した。    PC9801の黄金時代に唯一国内で売れたPC/AT互換機は東芝のJ3100である。  これは東芝がアメリカで発売して好評であったノートパソコンT3100に独自  の仕様(AXとは異なる)で日本語ROMを搭載したものであり「ノートパソコン」  という新しいコンセプトが支持されて、多くのユーザーを集めた。  PC/AT互換機が本格的に普及し始めたのはDOS/Vの登場による。これは今  まで日本語の書体をROMに置いていたのをやめ、ファイルとして提供し、  i386 CPUで使いやすくなった1MB超のメモリー領域に展開して使用するもの  である。これはメモリーが安価になってきたことから現実的になった手法  である。同じ道は元々高価なマッキントッシュでは数年早く起きていた。  マッキントッシュも最初は日本語を漢字ROMで提供したが、すぐにファイル  で持つ方法に変更され、この結果日本でもアメリカと同じハードウェア仕  様のまま、マシンが販売できるようになっていた。DOS/Vの効果もこれと  同様である。このOSの登場により、世界共通の仕様のまま何も変更せずに  日本国内にパソコンが出荷できることになった。これはパソコンの製造  コストの大幅ダウンが実現することを意味する。  ちょうどこの時期アメリカで急速に販売を伸ばしていた Dell が日本にも  進出してきて、このDOS/Vにより国内パソコンシェアを相当食い始める。  そこで慌てて今までAXをやっていた各メーカーも、(AXユーザーの手前、  あまりはっきり言えないが)曖昧にAXを縮小してDOS/V仕様のパソコンを  販売しはじめた。これによって初めてPC98の牙城が崩れ始める。  危機感を抱いた日本電気はPC-9821を作ってこれに対抗したが、最終的  には1997年にPC98nxを発売して、ここもDOS/Vに合流することになった。
PC-ATA (Personal Computer Advanced Technologies Attachment)  PC-Card型のATAインターフェイスの仕様。
PCAPI (Preboot Crypto API) パソコンの電源を入れてからOSが起動す  るまでの間のセキュリティを確保するためのAPI
PCB (Printed Circuit Board) →プリント基板
PCB (Process Control Block) プロセス制御ブロック。
PCB (Poly Chlorinated Biphenyl) ポリ塩化ビフェニール。耐熱・耐薬品  と絶縁性に優れているため、かつてコンデンサーの絶縁や印刷インクの  添加剤として使用されていた。「カネミ油症」の原因物質である。現在は  使用が禁止されているが、あまりにも丈夫な物質で処理が困難であるため  30年前に製造されたPCBが現在も処分できないまま、各地に「保管」され  ている。しかし近年その保管実態があまりにもお寒いことが露見してきた。  なお、燃やすとダイオキシンが発生する。  →PCDF
PCC (Press Complaints Commission) 報道苦情処理委員会。
PCC (Program Control Console) プログラム管制卓。
PCC (Practical Color Co-ordinate System) 実用カラー調和システム。
PCC (Programmable Communication Controller) プログラマブル通信制御装置。
PC_Card 主としてノートパソコンで利用されている各種の機能を持った  ICカード。2006年現在主として使用されているのは、モデムカード、  Air H"カード、Ethernetカード、無線LANカードなどで通信系の  カードが多い。    かつてはSCSIカード, メモリーカードなども使用されたが、SCSIは  それ自体が使用されなくなり最近は見ない。メモリーカードというのは  MSDOS時代に主記憶が640KBしかないのを補うためのものであったが、  Windows時代になって主記憶自体を増設できるようになったことから  消滅した。特殊なものとしてカード型のカードディスクなどもあったが  これもUSBメモリが大容量化した現在では必要性の少ないものと  なっている。  PC Cardの規格としては、厚さ3.3mmのタイプI, 5.0mm以下のタイプII,  10.5mm以下のタイプIIIがあり、1990年代後半から2000年前後までの  大型ノートパソコンではたいてい タイプIIが2枚かタイプIIIを1枚  入れられるようになっていた。(サブノートはたいていIIが1枚)。    しかしUSBが周辺機器とのインターフェイスの標準地位を獲得した  現在では、カードを何枚も装着する需要は少なくなったため最近では  大型ノートパソコンでもカードはタイプIIを1枚が普通となり、  サブノートではカードスロット自体を搭載していないものも多い。    →PCMCIA,カードバス,マルチファンクションカード
PC_Card_Standard PCMCIAJEIDAが共同で策定しているPC Cardに  関する標準規格。1995年に最初の規格 PC Card Standard 95 を発表。  従来の5V以外に3.3Vタイプのものが規定され、ここでマルチファンクシ  ョンカードも認められた。  1997年には PC Card Standard 97 が発表され、ビデオ画像をCPUを経由  しないで直接画面に送り込むZV機能や、温度上昇のチェック機能など  が規定された。
.pcd (Photo CD) PhotoCDの画像ファイルの拡張子。
PCDF (Poly Chlorinated Dibenzo Furan) ポリ塩化ジベンゾフラン。  PCBの酸化物で、カネミ油症の主原因はPCBよりこちらとされる。
PCDOS (Personal Computer Disk Operating System) MSDOSのIBM側の  呼び名。このOSは元々IBMがIBM-PCのためにMicrosoftに依頼して作成して  もらったものである。そのためこのOSはMicrosoftから供給されたものは  MSDOSと呼ばれるが、IBM-PC及びその系列のパソコン(PC/XT,PC/AT,5550等)  ではPC-DOSまたはIBM-DOSと呼ばれる。
PC-Engine 日本電気が1987年に販売した家庭用ゲーム機。CPUは任天堂の  ファミコンと同じ6502、当初はカートリッジ方式だったが、後CD-ROM  方式に移行した。成功したとは言えないが、それなりに売れて、ゲーム  も結構出たマシンである。
PCES (Personal CAD Exchange Specification) パーソナルCAD交換仕様。
PC_Exchange マッキントッシュのOS 7.5以降に添付されたソフトでIBM-PC  のフロッピーを読み書きするためのソフト。MacOS 8.5 以降は  File Exchangeという名前になった。
PC-Expo アメリカで毎年6月と10月に開かれるパソコンの展示会。
PC-FX 日本電気が発売した家庭用ゲーム機でPC Engineの後継機。